【💴アマギフ2,000円もらえる】COZUCHIのキャンペーンは〜7/31まで

【2022年最新】不動産クラウドファンディングおすすめ比較ランキング

【2022年最新】不動産クラウドファンディングおすすめ比較ランキング おすすめ不動産クラウドファンディング

「おすすめの不動産クラウドファンディング会社が知りたい!」
「口コミ・評判のいい不動産クラウドファンディング会社に投資したい!」
「ほったらかしでできる資産運用を比較検討したい!」

当サイトは投資初心者向けに情報提供をしています。

株・投資信託・FX・自動売買・仮想通貨など様々な投資先を徹底調査した末、不動産クラウドファンディングにたどりつきました。

不動産クラウドファンディングのメリットは、ほったらかしでチャート分析などが一切不要である点です。

デメリットとしては、投資ファンドがデフォルト(貸し倒れ)してしまうことで、資金がゼロになる可能性があるからです。

ただ、デフォルト(貸し倒れ)するリスクは不動産クラウドファンディング会社選び、そしてそれぞれの会社で募集されるファンド選びで限りなくゼロに近づけることができます。

さあ!気になるおすすめの不動産クラウドファンディングを紹介していきましょう!

【2022年ランキング】おすすめの不動産クラウドファンディング

おすすめの不動産クラウドファンディング3つを紹介します。

不動産クラウドファンディング 特徴
COZUCHIロゴ
COZUCHI(旧WARASHIBE)(公式)

詳細を見る
✓ユニークかつ安全性の高いファンド多数
✓ロジックありの高利回りファンド
✓劣後出資比率50%以上多数の安心感!

Jointoα(公式)

詳細を見る
✓東証一部上場企業が運営
✓劣後出資比率30%以上
✓特典付きファンドもあり!

ちょこっと不動産(公式)

詳細を見る
✓安全性比較ランキング堂々1位!
✓劣後出資比率30%なのでかなりの
堅実ファンド
✓不動産のプロが厳選した自社ファンドで
情報量が豊富!

COZUCHI

COZUCHI
【公式サイト】https://cozuchi.com/

「想いと豊かさを循環させる、カンタン不動産投資」COZUCHIは、ミドルリターンの不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。

事業者の安心
★★★★☆(4)
不動産クラウドファンディング(不動産小口化商品)黎明期の
2014年から事業を行っている。
ファンドの利回りの高さ
★★★★★(5)
最大利回り20%。
さらにキャピタルゲインで最大283.5%の利回りのファンドも。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率50%を超えるファンドもあり。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
運用期間7年などの超長期ファンドもあるが、
6〜12ヶ月がボリュームゾーン。
途中換金もできるので緊急時も安心。

さらによくある不動産ではなく、かなり特徴的なファンドを募集しています。

例えば、再開発対象物件やEXITファンド(すでに売却が決まっている不動産)、六本木一等地のファンドなど。

他の不動産クラウドファンディング事業者では、なかなか見かけない不動産を対象にしていることが多いのが特徴です。

高い利回りでお金を稼ぎながら、募集されるファンド、募集に至るまでのストーリーを楽しめる稀有な事業者です。

無料で口座開設できるので、とりあえず試してみましょう!

\\ 【〜7/31限定】登録で、アマギフ2,000円プレゼントキャンペーン開催中 //

口座開設から投資まで手数料は一切かかりません。

【公式サイト】https://cozuchi.com/

Jointoα

不動産投資型クラウドファンディング | ジョイントアルファ [Jointo α]
URL:https://join-to.jp/

不動産クラウドファンディング 「ジョイントアルファ[Jointo α]」は、 西日本最大級のマンション開発戸数を誇るあなぶき興産が運営する、不動産投資型クラウドファンディングのサイトです。

事業者の安心
★★★★★(5)
不動産クラウドファンディングとしては数少ない、
東証一部上場企業が直接運営。
ファンドの利回りの高さ
★★★★☆(4)
利回りのレンジは3〜6%程度。飛び抜けて高くはないが、
低くはなく積極的に投資を狙っていきたい水準。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率30%が多い。
案件に応じて50%になるものも。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
6〜12ヶ月がボリュームゾーン。
利益も確保でき、長すぎない丁度いい運用期間。

東証一部上場企業が直接運営している不動産クラウドファンディングは数えられるほど。

会社の規模が大きいため、物件は全国津々浦々のファンドを募集しています。

それぞれのファンドの物件詳細は指折りの情報量。

ただ利回りが上述のCOZUCHIのインパクトを見たあとだと、少々物足りない感は否めません。

とはいえ6%程度の案件も募集しているので、日々情報は収集していきましょう!

もちろん口座開設は無料。企業としてのとびきりの安心感を誇るJointoαに口座開設してみては?

\\ 東証一部上場企業が直接運営!信頼感はクラファンでピカイチ //
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
https://join-to.jp/
公式サイト詳細を見る

ちょこっと不動産

ちょこっと不動産
URL:https://chokotto-fudousan.jp/

不動産に、新たな「価値」と「可能性」を。1万円から始める不動産投資 RYOEIの不動産クラウドファンディング

事業者の安心
★★★★☆(4)
20年以上の不動産のプロ集団。
不動産開発・不動産賃貸・クラウドファンディングと
0→1、1→10、10→100のすべてのフェーズを網羅。
ファンドの利回りの高さ
★★★★☆(4)
利回りのレンジは6%前後。
ローリスクハイリターンとしては喉から手が出る
嬉しい利回り。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率30%。安心の高水準。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★★(5)
4〜6ヶ月と比較的短め。
比較的高利回りかつ短めな運用期間は
投資家冥利に尽きる。

失礼ながら、あまり目立たないですが超優良サービスの「ちょこっと不動産」。

特にリスクテイカーの逆、つまりなるべく安定・堅実なファンドに投資したいという方にはうってつけです。

おまけに利回りは高めなので、二兎追う者が二兎とも得られてしまうサービスです。

まだ募集ファンド数がそこまで多くないので、今後に期待大です。

今のうちにチェックしておきましょう。もちろん口座開設は無料ですよ!

\\ 安全性比較ランキング1位🥇不動産プロによる安心ファンド //

【利回り比較ランキング】高利回りな不動産クラウドファンディング

近年不動産クラウドファンディングサービスが雨後の筍のようにリリースされています。

中でも競うように高利回りファンドが募集されているのが注目です。

ブームのように乱立している今だけのチャンスかも知れません。

流れに乗り遅れないよう、早めの無料会員登録をおすすめします。

【大手が運営】上場企業の不動産クラウドファンディング

近年不動産クラウドファンディングが雨後の筍のようにリリースされていることは前述しましたが、それらの多くが上場企業であることも特徴的です。

不動産クラウドファンディング事業者 運営・株主
Jointoα 東証一部上場企業が運営
Rimple 東証一部上場企業が運営
property+ 東証一部上場グループ企業が運営
大家.com 東証2部上場関連会社
A funding 東証マザーズ上場企業が運営
TSON FUNDING TOKYO PRO Market上場企業が運営
プレファン 東証スタンダード上場グループ企業が運営
CREAL 東証グロース上場企業が運営

【安全性比較ランキング】信頼の不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングも例にもれず、いかに損をしないかが重要です。

安心と信頼の実績の不動産クラウドファンディング事業者を紹介します。

不動産クラウドファンディングにおいても、安全性を評価するのには事業者の信頼性もありますが、ファンド自体の安全性も重要です。

本サイトではファンド自体の安全性は、以下の評価軸をもとにランキングを作成しました。

  • 運用期間の短さ
  • 劣後出資比率の高さ
  • これまでの貸し倒れ・遅延の有無

それではランキングを見ていきましょう。

※運用期間/担保・保証の有無は2021年9月28日〜29日時点で募集されている直近10ファンドを調査
※貸し倒れ・遅延の有無は全ファンドを調査

事業者 特徴

1位 ちょこっと不動産
運用期間:平均 約5.6ヶ月🥉
劣後出資比率:平均 約30%🥉
貸し倒れ・遅延:なし
えんfunding-ロゴ
2位 えんfunding
運用期間:平均 約3ヶ月🥇
劣後出資比率:平均 約20% ⑥
貸し倒れ・遅延:なし
property+ロゴ
3位 property+
運用期間:平均 約7.5ヶ月 ⑦
劣後出資比率:平均 約32.3%🥇
貸し倒れ・遅延:なし

3位 Rimple
運用期間:平均 約6ヶ月 ⑤
劣後出資比率:平均 約30%🥉
貸し倒れ・遅延:なし
利回りくん 運用期間:平均 約5.4ヶ月🥈
劣後出資比率:平均 約15.56% ⑦
貸し倒れ・遅延:なし
ぽちぽちFUNDING 運用期間:平均 約5.7ヶ月④
劣後出資比率:平均 約20% ⑥
貸し倒れ・遅延:なし
Jointoα(ジョイントアルファ) 運用期間:平均 約9.6ヶ月 ⑨
劣後出資比率:平均 約32%🥈
貸し倒れ・遅延:なし
ASSECLI 運用期間:平均 約8.1ヶ月 ⑧
劣後出資比率:平均 約13.5% ⑧
貸し倒れ・遅延:なし
BATSUNAGU 運用期間:平均 約16ヶ月 ⑬
劣後出資比率:平均 約24.3% ④
貸し倒れ・遅延:なし
大家どっとこむ 運用期間:平均 約13.8ヶ月 ⑪
劣後出資比率:平均 約18.05% ⑦
貸し倒れ・遅延:なし
COZUCHI(旧WARASHIBE) 運用期間:平均 約18.3ヶ月 ⑭
劣後出資比率:平均 約21.3% ⑤
貸し倒れ・遅延:なし
利回り不動産 運用期間:平均 約7.2ヶ月 ⑥
劣後出資比率:平均 約10% ⑪
貸し倒れ・遅延:なし
Victory Fund 運用期間:平均 約9.75ヶ月 ⑩
劣後出資比率:平均 約10.7% ⑩
貸し倒れ・遅延:なし
CREAL 運用期間:平均 約15.1ヶ月 ⑫
劣後出資比率:会員限定(5〜20%ほど) ⑨
貸し倒れ・遅延:なし

不動産クラウドファンディングのよくある質問

ソーシャルレンディングと不動産投資クラウドファンディングの違い

ソーシャルレンディングとは、投資家から集めたお金をもとに、ソーシャルレンディング事業者が企業に融資を行い、その返済利息の一部を投資家が得られる投資商品です。

続きを読む
一方で不動産クラウドファンディングとは、投資家から集めたお金をもとに、不動産クラウドファンディング事業者が不動産を賃貸・売買をし、その利益の一部を投資家が得られる投資商品です。

ソーシャルレンディングが事業への融資であるのに対し、不動産クラウドファンディングは不動産への投資です。

<共通点>

  • 投資家から広く資金を集め、それを元手に運用するという点
  • チャート分析の知識や経験がいっさい不要


<異なる点>

  • 運用の方法が、ソーシャルレンディングが事業融資であるのに対し、不動産クラウドファンディングは不動産投資である点


ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングでどちらが多く稼げるか、どちらがより安全か、という議論はできません。

それぞれの案件によってリスクは異なり(担保や保証の有無など)、さらにそれぞれの運営事業者によってもリスクは異なります。(上場企業や証券会社が運営など)

本サイトでは独自の指標により、投資初心者でもどの事業者・どの案件に投資をすればよいか紹介しています。

不動産クラウドファンディングの種類

広義の不動産クラウドファンディングにはいくつか種類があります。一つはそのもの、

続きを読む
「不動産クラウドファンディング」(不動産投資クラウドファンディング、不動産投資型クラウドファンディングなどとも称す)。ネット上で投資家登録からファンドへの応募まで行うことができます。代表的な事業者としては、CREALなどです。続いて「不動産投資事業への融資を行うソーシャルレンディング」。不動産クラウドファンディングは不動産そのものへの投資であるのに対し、ソーシャルレンディングは企業の不動産投資事業への投資となります。代表的な事業者としては、LENDEXなどです。最後に「不動産小口化商品への投資」。不動産小口化商品とはその名の通り、不動産を数万〜数百万円などの小口証券化して投資家に販売する金融商品です。一つ目に紹介した「不動産クラウドファンディング」は不動産小口化商品のうちの一つです。不動産小口化商品は電子取引(ネット上)ではなく面前取引といって紙面での投資家登録、紙面での商品の購入申込みをします。一般的に1万円などの少額というより数十万〜数百万円ほどの大きな金額の取引が主です。このように広義の不動産クラウドファンディングには種類があります。数多くの不動産クラウドファンディング事業者を探すには国土交通省のサイトがおすすめです。不動産クラウドファンディングや不動産小口化商品には不動産特定共同事業者許可・小規模不動産特定共同事業者登録が必要です。国土交通省のサイトには一覧化したPDFが掲載されているので、多くの事業者を探したい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

不動産クラウドファンディングのメリット

不動産クラウドファンディングのメリットは大きく3つあります。1つ目は、

続きを読む
ほったらかしで投資できること。投資というとチャートや銘柄の分析が必要というイメージがあります。事前の分析で勝敗が決まるほど重要です。ただその分析も各社の決算書を読み込んで今後の予測をしていく必要があります。当然予算は限られると思うので、比較検討をしながら、もっとも将来が期待できる銘柄に投資することになります。投資した銘柄の株価が上がったときの売りどき、下がってしまったときの売りどきなど投資後も分析が必要です。分析の結果、投資をしなかった銘柄の株価が上がってしまったときの悔しさは計り知れません。このように投資=分析というイメージがあるなか、不動産クラウドファンディングはファンドを選んだあとは完全にほったらかしで事業者が運用してくれます。事業者の倒産リスクには注意が必要ですが、2021年12月の時点では不動産クラウドファンディングにて貸し倒れは生じていません。2つ目は、利回りが高水準であること。不動産クラウドファンディングの利回りは3〜20%程度と幅が広いですが、5%を超えるファンドも数多く募集されています。一般的に米国インデックス投資の利回りは5〜7%程度なので、NISAやiDecoなどを満額投資していれば選択肢として良いでしょう。さらに近年10%を超えるファンドも増えてきています。これは不動産クラウドファンディング事業者が増えて顧客獲得競争が活発になっていることや、そもそも事業者のレベルが上がり、不動産価値の向上による利回りの向上が考えられます。利回りが高いほど危険であると言われるでしょう。確かにリスクを取っているため損失の確率も高まるという理論はあっていますが、前述の通り事業者のレベルが上っているため、一概に利回りが高いからリスクが高いとは言えません。投資家の認識もアップデートしていく必要があります。3つ目は、現物があるため比較的元本割れしづらいこと。類似サービスのソーシャルレンディングでは企業への融資という不安定な部分がありますが、不動産は現物があるためその不動産自体の価格が下落しない限りは投資家が損しづらいです。さらに事業者による劣後出資があることで、優先出資者となる投資家の資金が守られます。劣後出資の比率分、不動産の価格が落ちたとしても投資家の損失はゼロとなります。そのため元本保証ではもちろんないですが、投資家が損失を被りづらい仕組みになっています。

不動産投資クラウドファンディングのデメリット

不動産投資クラウドファンディングは短くても3ヶ月の運用期間があります。そのためデイトレード、スキャルピングなどのように

続きを読む
短期間で利益をあげることができる金融商品ではありません。投資素人も熟練投資家も同じ金額を投資すれば同じ利益しか得られません。レバレッジをかけて利益を増幅させることもできないため、他の金融商品と比較してデメリットと言えるでしょう。ただデイトレードやスキャルピングなどの短期トレードは短期間で利益があげられる反面、短期間で損失も被ることもあります。さらに熟練投資家と同じだけの利益を投資初心者、極端なことを言うと、新入社員の初任給で初めて投資をした方と成績は同じです。そのためデメリットでありながらメリットでもあると評価できます。

不動産クラウドファンディング投資のリスクについて

不動産クラウドファンディングは、よく比較されがちなソーシャルレンディングよりも堅実な金融商品として知られています。ただ不動産クラウドファンディングにもリスクはあります。考えられるものをすべて挙げてみます。まずは

続きを読む
元本割れの可能性があること。これは金融商品として当然のことです。元本が保証される金融商品は出資法に違反します。元本が保証されるのは定期預金くらいです(1000万円まで)。続いて中途解約・中途換金・途中キャンセルができないこと。株式やFXなど、買い手と売り手がマッチングしたときに売買が成立するような商品の場合は、途中で売却(換金)することもできますが、不動産クラウドファンディングでは原則できません。ただ一部の不動産クラウドファンディングでは不動産クラウドファンディング事業者が買い取るかたちで途中で解約することができます(COZUCHI,大家.com,ちょこっと不動産 など)。クリック合戦によりそもそも投資することができないこと。最近では先着式ではなく、抽選式のファンドも多くなっています。不動産の評価額に変動が生じる可能性があること。これは正直避けようがありません。いかに信頼できる事業者か、ファンドかによってきます。不動産目利き力が試されるため、本業での業務実積から判断することもできるでしょう。不動産賃貸事業に加えて、不動産開発事業などを展開していると、賃貸物件の目利きに加えて、ある不動産をどう売っていくかの目利きができると判断できるため、一つの指標として見てみることもおすすめします。同様ですが、不動産には空室リスクや自然災害による損害のリスクもあります。空室を埋めるにはそもそもが空室がでない物件を所有するか、空室を埋めるだけの売る力をもっているかが大事です。リスクはありますが、株式投資やつみたてNISAで投資信託の積立などは一通りして、お金が余っている方や、ほったらかし投資がしたいサラリーマンなどにはうってつけな投資先です。

関連記事:COZUCHIの評判について
関連記事:ちょこっと不動産の評判について

不動産クラウドファンディングの利回り・利益について

不動産クラウドファンディングの利回りは近年上昇傾向にあります。利回り高騰の理由を分析してみます。

続きを読む
まず事業者が増えたことにより、自社のファンドへ誘導するために利回りを高くしていることが挙げられます。関連する理由として事業者の第一弾ファンドは利回りが高い傾向にあります。もちろん初動で注目を集め登録者数を増やすためです。さらに実力のある事業者が増え、高利回りでも十分事業が成り立つということも挙げられます。近年は上場企業による不動産クラウドファンディングの運営や、誰もが知る大手企業のグループ会社による運営など本業で申し分ない実績を挙げてきた会社の参入が増えています。そんな不動産クラウドファンディングの2021年利回りランキングを紹介します。第一位はCOZUCHI。利回りは20%。第二位はVictory Fundと。利回りは10.5%。第三位はproperty+。利回りは10.0%。中でもCOZUCHIは超高利回りファンドを連発で募集しており、さらにインカムゲインだけでなくキャピタルゲインも期待できるファンドもあり、過去には283.5%という桁違いの利回りを叩き出しました。不動産クラウドファンディングでは圧倒的に破壊力のある実積です。

関連記事:不動産クラウドファンディングの利回りランキング

上場している不動産クラウドファンディング事業者

株式を上場する市場にはいくつか種類があります。東証一部、東証二部、東証JASDAQ、東証マザーズ,東証TOKYO PRO Marketがあります。ちなみに2022年4月から市場の区分が改定されて、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場の3つになります。さて2021年の執筆時において上場している不動産クラウドファンディング事業者を紹介します。

続きを読む
東証一部上場グループ企業が運営:property+,東証一部上場企業が運営:Jointoα・Rimple,東証2部上場関連会社:大家.com,東証マザーズ上場企業が運営:A funding,東証TOKYO PRO Market上場企業が運営:TSON Fundingなどとなります。上場しているということは株式を公開しているということです。資金を市場から調達できる代わりに常に株価で評価されます。経営に透明性が求められるため、不動産クラウドファンディング事業の運営も失敗することができません。仮に失敗すると投資家の損失を生むことに加えて株価にもリアルに現れてくるため、細心の注意を払って運営をしていく必要があるのです。そのため上場企業が運営する不動産クラウドファンディング事業者は安心感があると言えます。

関連記事:上場企業運営のソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング事業者

不動産投資型クラウドファンディングの安全性比較

不動産クラウドファンディングにおいて、安全性は超大事ですが、定性的に適当にファンドを選んでいないでしょうか?

続きを読む
数値で比較していきましょう。安全性の指標として運用期間の短さ、劣後出資比率の高さ、これまでデフォルトがないかが挙げられます。運用期間は短ければその分資金拘束期間が短くなるため、事業者の倒産などの事業者リスクや自然災害などによる不動産価値の下落のリスクを減らすことができます。さらに投資家自身も急遽まとまったお金が必要になることがあっても資金拘束期間が短いため安心感があります。そして劣後出資比率は高ければ高いほど良いです。劣後出資比率は簡単に言うと不動産価値が下がっても事業者側が保証してくれる割合です。不動産価値が下がれば賃貸や売買がうまく行きません。賃貸や売買の利益が投資家に分配されるため、うまく行かなければ利益は減るどころかマイナスになる可能性すらあります。劣後出資比率が高ければ仮に損失が出ても事業者側が劣後出資比率分を負担してくれるため投資家の資金は守られます。もちろん元本保証ではないので勘違いしないようにしてください。そしてこれまでデフォルト歴がないかどうかも確かめましょう。ただ企業に融資して利子が投資家に分配されるソーシャルレンディングとは異なり、不動産クラウドファンディングは不動産という現物を投資対象としているためよっぽど自然災害などにより大破しない限りはデフォルトが起こる確率は少ないかと思います。最後に安全性比較ランキングを発表します。第一位はちょこっと不動産。第二位はえんfunding。第三位はproperty+です。

関連記事:不動産クラウドファンディングのランキング

おすすめの不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングはチャート分析などが不要なほったらかし投資であり、投資初心者にも熟練投資家にもおすすめです。

最後に改めておすすめの不動産クラウドファンディングをまとめます。

不動産クラウドファンディング 特徴
COZUCHIロゴ
COZUCHI(旧WARASHIBE)(公式)

詳細を見る
✓ユニークかつ安全性の高いファンド多数
✓ロジックありの高利回りファンド
✓劣後出資比率50%以上多数の安心感!

Jointoα(公式)

詳細を見る
✓東証一部上場企業が運営
✓劣後出資比率30%以上
✓特典付きファンドもあり!

ちょこっと不動産(公式)

詳細を見る
✓安全性比較ランキング堂々1位!
✓劣後出資比率30%なのでかなりの
堅実ファンド
✓不動産のプロが厳選した自社ファンドで
情報量が豊富!
スポンサーリンク
おすすめ不動産クラウドファンディング

【2022年7月最新】不動産クラウドファンディングの口座開設キャンペーン!招待や特典のキャンペーンコードも

【アマギフ2,000円も】不動産クラウドファンディングの口座開設キャンペーンや投資家限定キャンペーン情報を随時更新しています。キャッシュバックや特典コードなどお得なタイミングで口座開設をするのに必須な情報です。当サイトは投資初心者でもはじめやすい投資を紹介しています。
おすすめ不動産クラウドファンディング

クリアル(CREAL)に投資できないときにできること【3選】

「クリアルに投資できないなんて聞いてない!」「なんとかクリアルに投資する方法はない?」「クリアルを諦めるとして、次はどこで投資するのがいい?」クリアルは不動産クラウドファンディング大手で非常に人気のサービスです。人気であるからこそ、ひとつのファンドに多くの投資家が集まるため、なかなか投資ができないことも...そんなクリアルに投資ができない場合の対処法を紹介していきます!
おすすめ不動産クラウドファンディング

プロパティプラス(property+)の評判・口コミは?安心の飯田グループの不動産クラウドファンディング

「プロパティプラス(property+)の評判・口コミが気になる!」「飯田グループ知ってる!不動産クラウドファンディングに参入したの?」「プロパティプラス(property+)のメリット・デメリットを知った上で登録してみたい!」本記事では、プロパティプラス(property+)の評判・口コミについてや、メリットとデメリットを通して安全性についてを紹介していきます。
スポンサーリンク
おすすめ不動産クラウドファンディング

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミは?怪しいって本当?|海外新興国不動産クラウドファンディング最大手

「TECROWD(テクラウド)の評判・口コミが気になる!」「海外×新興国不動産ファンドが気になる...!」「TECROWD(テクラウド)のメリット・デメリットを知った上で登録してみたい!」海外新興国不動産クラウドファンディング最大手の「TECROWD(テクラウド)」。本記事では、TECROWD(テクラウド)の評判・口コミについてや、メリットとデメリットを通して安全性についてを紹介していきます。
おすすめ不動産クラウドファンディング

利回りくんの評判は?怪しいって本当?元本割れナシ!登録者急増の応援型不動産クラウドファンディング

「利回りくんの口コミ・評判が気になる!」「元本割れしたら不安...」「利回りくんのメリット・デメリットを知った上で登録してみたい!」会員登録者数が10万人を突破して、まさに急成長中の不動産クラウドファンディング「利回りくん」。本記事では、利回りくんの評判についてや、元本割れや登録方法についてを紹介していきます。
おすすめ不動産クラウドファンディング

COZUCHIの評判・口コミは?怪しいって本当?利回り20%超えアリの不動産投資クラウドファンディング

「LAETOLI株式会社が運営のCOZUCHI(コヅチ)の評判が知りたい!」「不動産クラウドファンディングのリスクやデメリットについて気になる!」高利回りで他社にはない面白いファンドが多く、さらに高い不動産の目利き力による安全性も確保された至れり尽くせりなCOZUCHI(コヅチ)を紹介していきます!!
おすすめ不動産クラウドファンディング

マイナー投資先のおすすめランキング!ユニークで変わり種の面白い投資の種類を紹介

「株や投資信託、FXなどのメジャーどころの投資は経験してきたけど他に投資先はない?」「マイナーでユニークな投資先が知りたい!」「面白い投資先ランキングがないかな?」貧乏・普通・裕福問わずさらにお金儲けができる方法を探しています。本記事ではユニークで変わり種の面白い投資商品としておすすめのマイナー投資を紹介していきます。
おすすめ不動産クラウドファンディング

初心者に不動産クラウドファンディングがおすすめな理由5選!

「初心者におすすめの投資が知りたい!」「不動産クラウドファンディングがいいと聞いたけどホント・・・?」「初心者におすすめなのはわかったけど、どのサービスに登録すればいいの?」近年急速に知名度が上がっているのが「不動産クラウドファンディング」高利回りのわりに、安全性が高く注目されており、近年では上場企業も参入しています。どこが初心者におすすめなのか、紹介していきます。
おすすめ不動産クラウドファンディング

【結論】不動産クラウドファンディングは儲かるないか・儲かるか

「不動産クラウドファンディングは儲かるの?それとも儲からないの?」「それぞれの主張を聞いて判断したい!」「儲かる不動産クラウドファンディングが知りたい!」今回は儲かる説・儲からない説をそれぞれ紹介して、結論どっちなのかを見定めていきます。
おすすめ不動産クラウドファンディング

【期待大】大家どっとこむの評判を検証!STOって何?株主優待で+1.0%お得

「大家どっとこむの口コミ・評判が気になる!」「STOや株主優待の仕組みが気になる...!」「大家どっとこむのメリット・デメリットを知った上で登録してみたい!」STOや株主優待など、新しい取り組みが話題の不動産クラウドファンディング「大家どっとこむ」。本記事では、大家どっとこむの評判についてや、STOや株主優待についてを紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました