【見逃し厳禁⚠】クラウドバンクがキャンペーン中!すぐにキャンペーン情報を見てみる→
AD

【2024年最新】ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング

【2024年最新】ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング おすすめソーシャルレンディング

「おすすめのソーシャルレンディング会社が知りたい!」
「口コミ・評判のいいソーシャルレンディング会社に投資したい!」
「ほったらかしでできる資産運用を比較検討したい!」

当サイトは投資初心者向けに情報提供をしています。

株・投資信託・FX・自動売買・仮想通貨など様々な投資先を徹底調査した末、ソーシャルレンディングにたどりつきました。

ソーシャルレンディングのメリットは、ほったらかしでチャート分析などが一切不要である点です。

デメリットとしては、投資ファンドがデフォルト(貸し倒れ)してしまうことで、資金がゼロになる可能性があるからです。

ただ、デフォルト(貸し倒れ)するリスクはソーシャルレンディング会社選び、そしてそれぞれの会社で募集されるファンド選びで限りなくゼロに近づけることができます。

さあ!気になるおすすめのソーシャルレンディングを紹介していきましょう!

【2024年ランキング】おすすめのソーシャルレンディング

おすすめのソーシャルレンディング3つを紹介します。

ソーシャルレンディング 特徴

クラウドバンク(公式)

詳細を見る
✓金融のプロ証券会社が運営
✓CM放映中!トリンドル玲奈がイメージモデル
✓ソーシャルレンディング業界大手

LENDEX(公式)

詳細を見る
✓不動産売買の大手「東急リバブル」と業務提携
✓これまで遅延・貸し倒れなし
✓高利回りファンドを継続運用
Bankersのロゴ
バンカーズ(公式)

詳細を見る
✓銀行や証券会社などの金融経験者が運営
(会長は元・三菱UFJの代表)
✓事業者も一緒に投資しているためファンドのため
安心感がバツグン
✓ほとんどのファンドで担保・保証付き

クラウドバンク

待つだけ、資産運用ならクラウドバンク|ソーシャルレンディング
【公式サイト】https://crowdbank.jp/

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)を活用して、これまで個人が参加するのが難しかった好条件の投資案件に参加できるようになりました。1万円・6ヶ月から始められるクラウドバンクで、新しい資産運用を始めてみましょう!

事業者の安心
★★★★★(5)
独立系の金融のプロ「証券会社」が運営。
ソーシャルレンディング黎明2013年サービス開始
ファンドの利回りの高さ
★★★★(4)
実績平均利回り6.8%※2021年3月
投資家歓喜の『安心×高利回り』
ファンドの担保・保証有無
★★★★★(5)
融資先ごとに担保を設定
元本回収率驚異の100%
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
1年以上の比較的長期ファンドもあるが、
5ヶ月前後も多く投資しやすい!

証券会社が運営するソーシャルレンディングという安心感が随一のクラウドバンク

サービスリリースから貸し倒れなしの健全運営を貫いています。

安心感もさることながら、ファンド利回りも高めなので、安心と高利回りの二兎を得ることができる投資家に嬉しいサービスです。

ファンドの募集頻度もソーシャルレンディングでトップクラス。

投資初心者にもおすすめできるサービスです。

口座開設はもちろん無料。まずは登録からはじめていきましょう!

\\ 登録500円・初回投資2000円分の楽天㌽プレゼントキャンペーン中 //

LENDEX(レンデックス)

lendexHP

LENDEXのHP

TOP – LENDEX
【公式サイト】https://lendex.jp/

安全・安心に高利回りの投資を!LENDEXのソーシャルレンディング

事業者の安心
★★★★(4)
東証一部上場の「東急リバブル」と提携
ファンドの利回りの高さ
★★★★★(5)
ほとんどのファンドが7.0%超えの高利回り
10%超えファンドもあり!
ファンドの担保・保証有無
★★★★★(5)
担保ありファンドがほとんど
担保・保証の両方がついたファンドもあり!
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
長くても12ヶ月程度!
7ヶ月前後とちょうど投資しやすい期間が豊富

東証一部上場の東急リバブルによる査定があるため、ファンドの安心感はお墨付き

高利回りで、かつ、運用期間が短めなのがLENDEXの大きな特徴です。

すこし冒険をしたいひとにとってもおすすめなソーシャルレンディングです。

一方でほとんどのファンドで担保がついているため、安心感も間違いありません。

無料口座開設は、はやめに済ませておきましょう!

\\ 高利回り×デフォルトゼロの安心の実績!ソーシャルレンディング //
LENDEX
LENDEX(レンデックス)
https://lendex.jp/
公式サイトLENDEXの評判

Bankers(バンカーズ)

Bankers(バンカーズ) | その投資は日本の未来へ、クラウドファンディング
【公式サイト】https://www.bankers.co.jp/

バンカーズは融資型クラウドファンディングを活用して、個人投資家と資金需要者の架け橋になります。1万円からできる少額投資を今すぐ始めましょう!

事業者の安心
★★★★(4)
会長は元・三菱UFJの代表
他金融のプロが役員に勢ぞろいのオールスター
ファンドの利回りの高さ
★★★☆☆(3)
利回りは3〜4%程度と比較的低め
ファンドの担保・保証有無
★★★★★(5)
ほとんどのファンドで担保・保証付き
バンカーズ自らも一緒にファンドへ投資している安心感
ファンドの運用期間の短さ
★★★★★(5)
6〜12ヶ月のちょうどいい期間のファンドが多数

バンカーズの特徴はなんと言ってもスーパー経営陣。

銀行・証券会社などの輝かしい金融のプロ集団たちが運営しているソーシャルレンディングは他にはありません。

利回りの低さはすこし気になりますが、その分安全性は極め付きです。

運用期間もちょうどいいので、バンカーズをメインの投資先にしてもいいでしょう!

口座開設は無料!今すぐに投資をはじめましょう!

\\ 会長が元三菱UFJ代表のドリームチームが運営 //

【利回り比較ランキング】高利回りなソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングサービスを利回りで比較しました。

一昔前は高利回り=超ハイリスクでしたが、そのような危険な事業者が淘汰され現在では比較的安心に投資ができるようになりました。

詳細情報を会員限定で公開しているサービスもあるので、まずは無料会員登録だけ済ませておいてもよいかもしれません。

以下の表は過去の最大利回りのファンドです。

過去に募集されていたということは、今後も同水準の利回りのファンドを募集される可能性が高いと言えます。

高利回りファンドは投資家が殺到しますので、早めに無料会員登録しておきましょう!

事業者 利回り
クラウドクレジットlogo
1位 クラウドクレジット
14.7%

2位 OwnersBook
14.6%

3位 LENDEX
13%
Pocket Funding 9%
COOL 8%
SAMURAI FUND 8%
J.LENDING 8%
クラウドバンク 7.2%
Funds 6%

関連 高利回りソーシャルレンディング|利回りランキング【総まとめ】

【大手が運営】上場企業のソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングには上場企業やそのグループ会社による運営のサービスも多数あります。

本記事では加えて、証券会社が運営しているサービス・大企業が株主のサービスも合わせてまとめました。

事業者 運営・株主
OwnersBook 東証マザーズ上場企業運営
SAMURAI FUND 証券会社が運営
クラウドバンク 証券会社が運営
Nextshift Fund 鳥取銀行が株主
クラウドクレジット 伊藤忠商事 第一生命
三菱UFJキャピタルなどが出資
クラウドリアルティ 主要株主に株式会社三菱東京UFJ銀行、
三菱UFJキャピタル株式会社、
カブドットコム証券株式会社など
LENDEX 東急リバブル業務提携
CRE Funding 東証一部上場グループ会社
FUELオンライン 東証一部上場グループ会社
J.LENDING JASDAQ上場企業グループ会社運営
AGクラウドファンディング 東証一部上場グループ会社
Funvest 東証一部上場グループ会社

【安全性比較ランキング】信頼のソーシャルレンディング

投資の鉄則は、いかに損をしないか。

安心と信頼の実績のソーシャルレンディング事業者を紹介します。

ソーシャルレンディングにおいて、安全性を評価するのには事業者の信頼性もありますが、ファンド自体の安全性も重要です。

本サイトではファンド自体の安全性は、以下の評価軸をもとにランキングを作成しました。

  • 運用期間の短さ
  • 担保の有無・保証の有無
  • これまでの貸し倒れ・遅延の有無

それではランキングを見ていきましょう。

※運用期間/担保・保証の有無は2021年9月27日〜28日時点で募集されている直近10ファンドを調査
※貸し倒れ・遅延の有無は全ファンドを調査

事業者 特徴

1位 バンカーズ
運用期間:8ヶ月🥉
担保:90%  保証:90%🥇

貸し倒れ・遅延:なし

2位 COOL
平均運用期間:6.1ヶ月🥇
担保:30%  保証:30% ⑤
貸し倒れ・遅延:なし

3位 J.LENDING
運用期間:7.59ヶ月🥈
担保:30%  保証:30% ⑤
貸し倒れ・遅延:なし

3位 LENDEX
運用期間:9.1ヶ月 ⑤
担保:30%  保証:100%🥈
貸し倒れ・遅延:なし
FUELオンラインファンド 運用期間:10.1ヶ月 ⑥
担保:70%  保証:50%🥉
貸し倒れ・遅延:なし
CRE Funding 運用期間:11ヶ月 ⑦
担保:80%  保証:100%🥇
貸し倒れ・遅延:なし
Pocket Funding 運用期間:8.74ヶ月 ④
担保:100%  保証:0% ④
貸し倒れ・遅延:なし

ソーシャルレンディングのよくある質問

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、投資家から集めた資金を、企業に対して貸付・融資を行い、

続きを読む
その利子の一部を投資家に分配する仕組みの金融商品です。その呼称は「ソーシャルレンディング」の他に、「融資型クラウドファンディング」「貸付型クラウドファンディング」などもありますが、最も一般的な呼び方は「ソーシャルレンディング」です。海外では、企業への融資を超えて、個人への融資を行うP2P Lending(Peer to Peer Lending:個人間融資)サービスもあります。アメリカのLending Clubが有名でした(2020年12月でサービス終了)。類似サービスとして、投資型クラウドファンディングがあります。スタートアップ・ベンチャー企業など、株式上場していない未公開株へ投資ができるサービスです。投資した未上場企業がIPOやM&Aなどした際に利益を得ることができるため、企業への応援の気持ちや長期目線で大きな利益を得たい方にはおすすめです。融資先は匿名化されていましたが、近年匿名化が解除され、公開されている事業者もあります。一般的に利回りと運用期間、担保の有無、保証の有無がファンドの応募ページに記載があるため、事業者そのものの安全性・信頼感も考慮して投資するファンドを選択していきます。

ソーシャルレンディングが「おすすめしない・やばい・危ない」と言われる理由と反論

ソーシャルレンディングが「おすすめしない・やばい・危ない」と言う意見はあまり聞かないでください。

続きを読む
そもそもソーシャルレンディングがおすすめしないだとかは主語が大きすぎています。

だって事業者もだいぶ増えて、それぞれに個別のファンドが募集されていて、それらをひっくるめておすすめしないだの、危ないだのやばいだの、めちゃくちゃすぎます。

投資に値しないファンドも中にはあるでしょうし、積極的に投資した方がいいお得すぎるファンドも中にはあります。

見極め力のない人の戯言だと思ってさらっと聞き流しておいてください。

ではなぜおすすめしない、なぜ危ない、なぜやばいと言われてしまうのか、その答えはゼロになるリスクがあるからでしょう。

融資先が事業に失敗・倒産してしまうと、デフォルト(債務不履行)となり、投資家の資金が返ってこない、あるいは予定より大幅に遅延してしまいます。

投資家は融資先の事業をコントロールすることはできないため、投資先を間違えてしまうと資金がゼロになる可能性も考えられるのです。

実はソーシャルレンディングは金融庁から警告(2019)が出たことがあります。

金融庁の警告(2019)にも書いてあるとおり、貸付先・貸付条件・資金使途などをしっかり分析する必要があります。

ただ、逆説的に言うと、これらの分析ができれば高い利回りを得ることができるのです。

投資は情報戦です。

いかに他者が調査しない情報を得られるかが、勝ちを手にします。

元・業界最大手「SBIソーシャルレンディング」がやばい

2021年5月にソーシャルレンディング業界最大手ともされていた「SBIソーシャルレンディング」が廃業・事業撤退しました。

続きを読む
すこし脱線しますが、SBIソーシャルレンディングのやばい事情をわかりやすく紹介します。

SBIソーシャルレンディングは上場企業であるSBIホールディングスの子会社であり、企業としての信頼性は抜群でした。

ただ、あるファンドの融資先であった「テクノシステム」が、調達した資金を募集時とは違う目的に使用されていたことが判明しました。

それも2017年から2020年までの間の約380億円の融資のうちおよそ3分の1にあたる約129億円が不正に利用されていたとは驚愕ですよね。

事の発端はSBIソーシャルレンディングが融資したテクノシステムの代表ら(生野尚之氏ら)の逮捕です。

バイオマス発電設備開発などの名目で阿波銀行、富士宮信用金庫から融資金を詐取したことが発覚しました。

実態のない虚偽の契約書を各金融機関に提出していたとのことです。

「バイオマス発電」と聞いて、ソーシャルレンディング界隈にいる方ならピンとくるでしょう。

SBIソーシャルレンディングでは頻繁にバイオマス発電のファンドが募集されていました。

※必ずしもテクノシステムとは限りません。

過去の募集ファンドを見ると、運用は問題なくされていたようですが、資金繰りが窮していたとのことから、外部から借りて返済をしていたのかもしれません。

SBIソーシャルレンディングが被害者なのかもしれませんが、投資家としては「SBIソーシャルレンディングが募集したファンド」のため、金額も金額なので廃業・事業撤退もやむなしでしょう。

上場企業の子会社・業界最大手のSBIソーシャルレンディングにおいてもこのように不祥事が発生してしまいました。

では、ソーシャルレンディングで失敗・大損しないためにはどのように気をつけていけばいいでしょうか?

ソーシャルレンディングはおすすめしないのか。失敗をしないために知っておきたいことについて

ソーシャルレンディングでおすすめしないといっている理由を挙げてみます。リスクとリターンのバランスが取れていない(リターンに対してリスクが高い)・貸し倒れ・遅延の可能性がある・融資先が匿名化されており不正が起きやすい。これらに対して言及していきます。リターンに対してリスクが高い点に関しては

続きを読む
リスクが高ければリターンが高くなるのは当然です。ローリスク・ハイリターンな投資先は誰でも求めていますがなかなかあるものではありません。全財産をハイリスク・ハイリターンな金融商品に投資することは失敗した際の損失があまりに大きすぎるためおすすめしないです。ただローリスク・ローリターンな金融商品と組み合わせてハイリスク・ハイリターンなソーシャルレンディングのような金融商品に投資をすれば、ポートフォリオとしてバランスが取れます。それにチャート分析をせずにほったらかしで投資ができるという点も大きな利益であると思いませんか?チャート分析をして投資をし、日々の値動きに一喜一憂すること自体が損失であると捉えることができます。もちろん事業者を一定信頼しなければならない点もありますが、投資に手間がかからないという利益をすでに得ていると考えるとそこまでハイリスクでしょうか?お金の増減だけでなく時間や精神の増減も考慮に入れてみてください。貸し倒れ・遅延の可能性がある点については、金融商品・投資対象なので当然のことです。Google(Alphabet)やAppleだって株価が急落する可能性もあります。ソーシャルレンディングにおける「株価の下落」が貸し倒れ・遅延だとするとそれは金融商品に投資をする投資家にとっては織り込み済みのことでしょう。ソーシャルレンディングだから貸し倒れ・遅延が危険、というより金融商品だからリスクがあるということです。融資先の匿名化については2019年3月に匿名化が解除されました。そのため匿名化解除が進んでいますので投資家は融資先を確認できるようになってきました。もはやデメリットとはいえなくなっているため、過去の評価なので、もし匿名化されており信用できないという記述があるメディアがあれば情報更新されていないため信用に足らないでしょう。

関連記事:ソーシャルレンディングの失敗について

ソーシャルレンディングの危ない・やばいという評価について

数年ソーシャルレンディングのことを調査していると、「ソーシャルレンディングが危ない」や「ソーシャルレンディングはやばいからやめたほうがいい」という評判を耳にすることがあります。株の銘柄において絶対に安心安全なものはないように、ソーシャルレンディングにおいても安心安全ばかりではありません。ソーシャルレンディングだけを非難するのは少し筋が違うと思っています。例えば

続きを読む
「インデックス投資と比較してソーシャルレンディングはリスクが高い」という評判は間違っていないと思います。このように〇〇とソーシャルレンディングを比較した上で、この点においては〇〇が勝っている、ソーシャルレンディングが負けているという評価が本来なされるべき議論です。さらにひとことにリスクといってもお金の増減だけではなく、投資にかける時間も含めて議論すべきであると思っています。銘柄分析・チャート分析の時間は、その他の金融商品への投資や自己投資としての勉強などに当てることができれば長期的にプラスであると言えるでしょう。時間をかけて銘柄分析・チャート分析をした時点でマイナスからのスタートなのです。一方でソーシャルレンディングの場合、基本的にほったらかしで投資ができてしまいます。事業者を決めて募集されているファンドの中から選択するだけで運用期間中はほったらかしでチャリンチャリンです。ソーシャルレンディングを危ない・やばいと切り捨てるのはやめて、お金と時間の総合的な評価をくだせるようになりましょう。

ソーシャルレンディングと大損について

ソーシャルレンディングで大損してしまうのは、事業者の分析とファンドの分析が足りていないときです。分析に足る情報は公式サイトのファンド詳細ページに掲載されています。投資初心者も熟練投資家も得られる情報は同じです。まずは

続きを読む
実際に投資を検討しているファンド詳細ページに掲載されている内容と過去に同様のファンドが募集されている場合は、過去のファンド詳細ページもよく読んで分析しましょう。具体的にチェックしておきたい項目としては、事業者が安心して投資できる事業者かどうか。例えば上場企業や大手企業が運営しているソーシャルレンディング事業者や、大企業から出資を受けているソーシャルレンディング事業者、貸付・融資先が上場企業や大手企業のソーシャルレンディング事業者などです。他にも、担保や保証の有無。担保や保証があればもし貸付・融資先の事業に損失が出たとしても、投資家の損失が少なく済みます。また、運用期間が長くないかもチェックしておきたい項目です。運用期間が長いということは資金の拘束期間が長いことと同じです。拘束期間が長ければその間に損失が出てしまう可能性も上がってしまいます。さらに自身のライフステージにおいてまとまった資金が必要になるタイミングなどもあるかと思いますが、原則途中換金はできないため困ってしまいます。最後にこれまでデフォルト・貸し倒れ・期失・遅延などが起きていないかどうかも確認しておきましょう。一度起きているところはファンド運営が甘い可能性があります。

関連記事:ソーシャルレンディングの大損について

楽天はソーシャルレンディングを運営しているか

楽天ではソーシャルレンディングの運営はしていません。ただ、投資型クラウドファンディングのセキュリテと提携して、セキュリテで募集されているファンドを楽天証券から応募することができます。セキュリテはミュージックセキュリティーズ株式会社が運営しています。募集ファンドは

続きを読む
SDGsを評価軸の1つとして採用されており、すべてのファンドで17の目標のいずれかが設定されています。例えば青森 にんにくファンド、ゴミの見える化革命DXファンド、鈴鹿でつくる新小型モビリティファンドなど特徴的なファンドが数多く募集されています。楽天証券は米国インデックスのつみたてNISAを活用した楽天VTIへの投資をしている方も多くいらっしゃるともうので、チェックしてみてはいかがでしょうか。また最近では口座開設キャンペーンや投資金額に応じたプレゼントキャンペーンとして楽天ポイントがプレゼントされることも増えてきました。最近では上場企業への貸付で注目されているFunds(ファンズ)や多種多様な融資先とキャンペーンのプレゼントの大盤振る舞いで話題のBankers(バンカーズ)などが楽天ポイントのプレゼントをしています。今後も増えてくるでしょう。

関連記事:ソーシャルレンディングのキャンペーン情報

ソーシャルレンディングと不動産投資クラウドファンディングの違い

ソーシャルレンディングとは、投資家から集めたお金をもとに、ソーシャルレンディング事業者が企業に融資を行い、その返済利息の一部を投資家が得られる投資商品です。

続きを読む
一方で不動産クラウドファンディングとは、投資家から集めたお金をもとに、不動産クラウドファンディング事業者が不動産を賃貸・売買をし、その利益の一部を投資家が得られる投資商品です。

ソーシャルレンディングが事業への融資であるのに対し、不動産クラウドファンディングは不動産への投資です。

<共通点>

  • 投資家から広く資金を集め、それを元手に運用するという点
  • チャート分析の知識や経験がいっさい不要


<異なる点>

  • 運用の方法が、ソーシャルレンディングが事業融資であるのに対し、不動産クラウドファンディングは不動産投資である点


ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングでどちらが多く稼げるか、どちらがより安全か、という議論はできません。

それぞれの案件によってリスクは異なり(担保や保証の有無など)、さらにそれぞれの運営事業者によってもリスクは異なります。(上場企業や証券会社が運営など)

本サイトでは独自の指標により、投資初心者でもどの事業者・どの案件に投資をすればよいか紹介しています。

おすすめのソーシャルレンディング|まとめ

ソーシャルレンディングはチャート分析などが不要なほったらかし投資であり、投資初心者にも熟練投資家にもおすすめです。

最後に改めておすすめのソーシャルレンディングをまとめます。

ソーシャルレンディング 特徴

クラウドバンク(公式)

詳細を見る
✓金融のプロ証券会社が運営
✓CM放映中!トリンドル玲奈がイメージモデル
✓ソーシャルレンディング業界大手

LENDEX(公式)

詳細を見る
✓不動産売買の大手「東急リバブル」と業務提携
✓これまで遅延・貸し倒れなし
✓高利回りファンドを継続運用
Bankersのロゴ
バンカーズ(公式)

詳細を見る
✓銀行や証券会社などの金融経験者が運営
(会長は元・三菱UFJの代表)
✓事業者も一緒に投資しているためファンドのため
安心感がバツグン
✓ほとんどのファンドで担保・保証付き
💡ソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングの人気記事

まだデータがありません。

おすすめソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングキャンペーン【4月最新】口座開設や投資でアマギフをもらおう

【登録だけアマギフプレゼント】ソーシャルレンディングの口座開設キャンペーンや投資家限定キャンペーン情報を随時更新しています。キャッシュバックや特典コードなどお得なタイミングで口座開設をするのに必須な情報です。当サイトは投資初心者でもはじめやすい投資を紹介しています。
おすすめソーシャルレンディング

オルタナバンクのキャンペーン総まとめ!キャンペーンコードはある?

「オルタナバンクのキャンペーンってどんな感じ?」「お得なキャンペーンコードを知りたい」「オルタナバンクの評判はぶっちゃけどうなの?」 1万円からの少額投資が可能な「オルタナバンク」。 2023年12月現在、貸付型ファンドの元本償還実績100【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

高利回りソーシャルレンディング|利回りランキング【総まとめ】

「高利回りのソーシャルレンディングはどれ?」「ソーシャルレンディングの利回りランキングが知りたい!」 投資の目的は、「お金を増やす」ことですよね。 ソーシャルレンディングの場合は利回りが高ければ高いほど利益が大きくなることは間違いありません【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

オルタナバンクの入金方法とは?損しないやり方を教えます

オルタナバンクへの入金方法はだれでもできる超シンプルです。 しかし、「手数料を無料にする方法」や「入金頻度の最適解」については多くの投資家にとって悩むこともあるでしょう。 この記事では、オルタナバンクの入金プロセスを3STEPで解説していき【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

オルタナバンクをやってみたからわかること【5選】あなたは向いてる?

「オルタナバンクをやってみた人の体験談が知りたい!」 オルタナバンクへの登録を悩んでいるけど、実際に投資経験のある人の声が聞いてみたいと思いませんか? この記事では、オルタナバンクをやってみたからわかる特徴を紹介します。 さらに、その特徴を【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

オルタナバンクは元本割れゼロ!限りなくデフォルトリスクを減らす秘訣とは?

「オルタナバンクは元本割れしたことある?」「オルタナバンクの安全性の秘訣が知りたい!」 投資の世界で「元本割れゼロ」と聞くと、つい耳を疑ってしまいますよね。しかし、オルタナバンクは2023年12月時点で元本割れはありません。 一度も投資家に【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

バンカーズの評判・口コミは?あのSBISLと統合し楽天ポイントを導入の盤石ソーシャルレンディング

「バンカーズ(Bankers)の評判・口コミが気になる!」「SBIソーシャルレンディングと統合?楽天ポイント導入?についてが気になる...!」「バンカーズ(Bankers)のメリット・デメリットを知った上で登録してみたい!」超堅実運営のソーシャルレンディングで知られる「バンカーズ(Bankers)」。本記事では、バンカーズ(Bankers)の評判・口コミについてや、メリットとデメリットを通して安全性についてを紹介していきます。
おすすめソーシャルレンディング

【2024】バンカーズのキャンペーンまとめ!登録・投資で楽天ポイントがもらえるお得

「バンカーズ(Bankers)のキャンペーン情報を知りたい」「SBIとの関係性は?ガイアの件って何?」「バンカーズ(Bankers)のキャンペーンに参加する方法は?」 金融のエリート集団が運営するバンカーズ(Bankers)。 信頼感のある【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングが危ないと言われる7つの理由

「ソーシャルレンディングが危ないって本当?」「危険を回避しながらソーシャルレンディングを利用したい!」「ソーシャルレンディングで大損することはある?」 ソーシャルレンディングについて調べていると、ネガティブな口コミが多数出てきます。 なかで【続きを読む】
おすすめソーシャルレンディング

クラウドバンクで配当生活するにはいくら投資すればいい?配当生活で困るトラブルも

「クラウドバンクだけで配当生活は可能?」「抽選方式でも投資できないって本当?」「クラウドバンクで配当生活するのはリスクがある?」 ソーシャルレンディングの『クラウドバンク』で配当生活することを夢見て、ここにたどり着いた方が多いと思います。 【続きを読む】