【キャンペーン】期間中、SAMURAI FUND口座開設で無条件500円分のアマギフをプレゼント【今すぐ見てみる!】

【中国株投資】おすすめ投資信託・ETFを紹介!ノーロードのインデックスで『BAT』投資も

おすすめ中国株
スポンサーリンク

【中国株投資】おすすめ投資信託・ETFを紹介!ノーロードのインデックスで『BAT』投資も

スポンサーリンク

投資信託とETF(上場投資信託)の違い


ETFとは上場投資信託と呼ばれるように、投資信託が上場したものです。

『上場』というと、つまり、市場で取引ができるようになったということです。

投資信託は1日に1回基準価額が公開されますが、ETF(上場投資信託)は株式と同様に、リアルタイムで株価が変動します。

要するに、本質は同じですが、市場で取引ができるかどうかという差のみです。

ただ、手数料は一般的にETF(上場投資信託)の方が安いです。

しかし、配当金の再投資は投資信託の場合自動で行ってもらえますが、ETF(上場投資信託)は証券口座に入ってくるので、自分の手で再投資する必要があります。

◆注目の記事
▽科学的エビデンスあり!メンタリストDaiGoがすすめた本・ガジェットまとめ!
【メンタリストDaiGoさんがおすすめ紹介する全117個】本・書籍やグッズ・ガジェットなどを一覧まとめ!!
▽初心者でも”かんたん”!ほったらかし投資におすすめのファンド
【ソーシャルレンディング事業者】リスク許容度・タイプ別おすすめ会社ランキング比較
▽口座開設キャンペーンで『Amazonギフト券』などを無条件で手に入れる!
【随時更新】ソーシャルレンディング口座開設キャンペーンまとめ|funds・クラウドバンク・クラウドクレジット他
▽”低コスト”退職代行・”安心安全”退職代行をランキングで評価
【電話受けたことアリ】本当におすすめできる退職代行ランキングを一覧まとめ比較!心配性の私が徹底分析!
▽証券口座は『楽天証券』か『SBI証券』の2択しかない!!
楽天証券で米国ETFを買う最適戦略【楽天銀行と連携したらハッピーになれる】
SBI証券で米国ETFを買う最適戦略【”ほったらかし”で自動ETF投資ができる】
▽副業でも可!稼げる『治験』情報を総まとめ!!健康成人から糖尿病持ちも!
【治験バイト】全10社を徹底分析!おすすめサイト特徴比較【症状・健康/エリア/女性可】
▽低コストで今日から『ECサイトオーナー』に!!
【手数料と機能比較】無料ECサイト『BASE』と『STORES』の2大巨頭の違い
▽サラリーマンが”副業”で”起業”する手順を丁寧に。
【サラリーマンの副業起業物語】会社にバレないように兼業で開業!【手順】

スポンサーリンク

中国株|BAT:『バイドゥ』『アリババ』『テンセント』に投資がしたい!

BATの『B』バイドゥ(百度)

百度(バイドゥ、拼音: Bǎidù)は、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する会社である。創業は2000年1月。本社は北京市にあり、「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。
全世界の検索エンジン市場において、Googleに次いで第2位(米comScore社、2009年8月調べ)、中国国内では、穀歌(Google検索)を押さえて最大のシェアを占める。
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: BIDU
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国北京市海淀区上地十街10号
設立 2000年1月1日
業種 情報・通信業
事業内容 インターネット検索
代表者 李彦宏 会長兼CEO
李昕晢 CFO
葉朋 COO
李一男 首席技術官
従業員数 45,887人 (2018)
主要子会社 バイドゥ株式会社
外部リンク https://www.baidu.com/
百度介绍
百度是一家持续创新的,以“用科技让复杂世界更简单”为使命的高科技公司。

Wikipediaより引用

BATの『A』アリババ(阿里巴巴集団)

阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT) などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。

1999年の創立以来、企業間電子商取引 (B2B) のオンライン・マーケット (www.alibaba.com, china.alibaba.com, www.alibaba.co.jp) を運営しており、240あまりの国家・地域にて5340万以上の会員のほか、5つの子会社を保有している。

日本ではアリババグループ、もしくはアリババとして報道されることが多い。

種類 株式会社
市場情報 NYSE: BABA
略称 Alibaba
本社所在地 中国浙江省杭州市浜江区
設立 1999年3月
業種 情報・通信業
事業内容 持株会社
代表者 ジャック・マー(Jack Ma, 漢字:馬雲)
純利益 CN¥71.289 billion(2016年)[1]
総資産 CN¥364.450 billion(2016年)[1]
従業員数 34,985人(2015年3月時点)[2]
主要株主 ソフトバンク (29.2%)
Yahoo! (15.0%)
ジャック・マー (7.0%)
ジョセフ・ツァイ (2.5%)
(2017年6月15日時点)[3]
主要子会社 Alibaba.com、Taobao.com、Alipay、Yahoo!中国雅虎、アリババクラウドコンピューティング
外部リンク https://www.alibaba.com

Wikipediaより引用

BATの『T』テンセント(腾讯)

テンセント(中国語:腾讯、英語:Tencent、繁体字:騰訊、拼音:Téngxùn)は、中華人民共和国広東省深圳市に本拠を置く持株会社で、インターネット関連の子会社を通してソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している。

テンセントの100%子会社であるテンセント日本(Tencent Japan合同会社)は東京都港区にある。

種類 株式会社
市場情報 SEHK: 700
略称 騰訊
本社所在地 中国広東省深セン市南山区高新科技園北区深セン騰訊大廈(騰訊ビル)
設立 1998年11月11日
事業内容 インターネット経由のサービス
代表者 馬化騰
売上高 1028億6300万元(2015年)
従業員数 31557人
決算期 12月期
主要株主 ナスパーズ(31.17%)[1]
外部リンク https://www.tencent.com/

Wikipediaより引用

スポンサーリンク

【中国株投資信託】JPMアジア株・アクティブ・オープン|ファンド紹介

「GIMアジア株・アクティブ・オープン・マザーファンド(適格機関投資家専用)」を通じて、日本を除くアジア各国の株式の中から、成長性があり、割安と判断される株式を主要投資対象とする。MSCI AC ファーイースト・インデックス(除く日本、配当なし、円ベース)をベンチマークとし、長期的にそれを上回る投資成果を目指す。原則、為替ヘッジを行わない。

<手数料>
買付手数料・・・なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬)・・・1.683%

組入上位銘柄(%)

騰訊控股(テンセント・ホールディングス) 中国 8.7
台湾積体電路製造 台湾 7.8
サムスン電子 韓国 7.6
友邦保険控股 香港 7.5
アリババ・グループ・ホールディング 中国 7.5
中国平安保険(集団) 中国 6.0
バンク・セントラル・アジア インドネシア 4.6
申洲国際集団控股 中国 3.6
華潤置地 中国 2.8
薬明生物技術 中国 2.7

国別構成比率(%)

中国 45.4
香港 12.8
韓国 12.0
台湾 9.7
インドネシア 8.4
その他 8.0

業種別構成比率(%)

保険 14.4
銀行 12.7
メディア・娯楽 11.4
テクノロジー・ハードウェアおよび機器 8.1
半導体・半導体製造装置 7.8
その他 41.9

株価

スポンサーリンク

【中国株投資信託】日興JPMアジア・ディスカバリー・ファンド|ファンド紹介

「GIMアジア・ディスカバリー・マザーファンド(適格機関投資家専用)」を通じて、主にアジア各国(日本含む)の企業が発行する株式に投資する。同等の投資成果を得られると判断する有価証券(預託証券、カバード・ワラント等)にも投資。徹底的に企業分析を行い、アジア経済圏の成長をテーマに、その時々の市場環境にあわせた「ベストアイディア」銘柄をいち早く発掘する。為替ヘッジせず。

<手数料>
買付手数料・・・なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬)・・・1.837%

組入上位銘柄(%)

騰訊控股(テンセント・ホールディングス) 中国 4.7
台湾積体電路製造 台湾 4.3
友邦保険控股 香港 4.3
サムスン電子 韓国 4.0
アリババ・グループ・ホールディング 中国 3.9
中国平安保険(集団) 中国 3.3
HDFC銀行 インド 2.5
バンク・セントラル・アジア インドネシア 2.4
キーエンス 日本 2.2
花王 日本 2.1

国別構成比率(%)

日本 41.0
中国 24.1
インド 9.0
香港 6.1
韓国 5.9
その他 12.0

業種別構成比率(%)

銀行 12.3
保険 10.2
メディア・娯楽 8.1
資本財 8.0
小売 7.7
その他 51.8

株価

スポンサーリンク

【中国株投資信託】比較評価

◆中国株を中心に投資をしたい方
・・・JPMアジア株・アクティブ・オープン
◆日本株の中に中国株を組み込みたい方
・・・日興JPMアジア・ディスカバリー・ファンド
◆手数料を抑えたい方
・・・JPMアジア株・アクティブ・オープン
◆純資産額の多い安心な投資信託を選びたい方
・・・JPMアジア株・アクティブ・オープン

スポンサーリンク

【中国株ETF(上場投資信託)】iシェアーズ・コアMSCIチャイナ・インデックスETF|ファンド紹介

iシェアーズ MSCI チャイナ・インデックス ETF(iShares MSCI China Index ETF)は、MSCI チャイナ・インデックスの実績に概ね対応する投資成果(手数料および経費控除前)をあげることを目標としている。

<手数料>
売買手数料・・・0.50%(税込0.55%)
経費率・・・0.20%
<分配金>
分配利回り・・・1.42%

組入上位銘柄(%)

ALIBABA GROUP HOLDING ADR REPRESEN 13.99
TENCENT HOLDINGS LTD 13.76
CHINA CONSTRUCTION BANK CORP H 4.26
PING AN INSURANCE (GROUP) CO OF CH 3.73
CHINA MOBILE LTD 2.99
INDUSTRIAL AND COMMERCIAL BANK OF 2.52
BANK OF CHINA LTD H 1.79
BAIDU ADR REPTG INC CLASS A 1.68
CNOOC LTD 1.55
JD.COM ADR REPRESENTING INC CLASS 1.23

業種別構成比率(%)

一般消費財・サービス 23.89
通信サービス 22.64
金融 21.99
資本財・サービス 5.33
不動産 5.20
エネルギー 3.96
情報技術 3.65
生活必需品 3.55
ヘルスケア 3.41
公益事業 3.00

Fact Sheet

Screenshot of www.blackrock.com

『iシェアーズ・コア MSCI チャイナ・インデックス ETF』|Fact Sheet

株価


5年間/月足/横ばい
上段: SMA 25 SMA 50 SMA 75/
下段: VOLUME

スポンサーリンク

【中国株ETF(上場投資信託)】iシェアーズ MSCI エマージング・アジア・インデックス ETF|ファンド紹介

iシェアーズ MSCI エマージング・アジア・インデックスETF (iShares MSCI Emerging Asia Index ETF) は、MSCI エマージング・アジア・インデックスの実績に概ね対応する投資成果(手数料および経費控除前)をあげることを目標としている。

<手数料>
売買手数料・・・0.50%(税込0.55%
経費率・・・0.60%
<分配金>
分配利回り・・・1.56%

組入上位銘柄(%)

ISHARES S&P BSE SENSEX INDIA INDEX 12.15
TENCENT HOLDINGS LTD 6.42
ALIBABA GROUP HOLDING ADR REPRESEN 6.04
SAMSUNG ELECTRONICS LTD 4.87
TAIWAN SEMICONDUCTOR MANUFACTURING 4.69
CHINA CONSTRUCTION BANK CORP H 2.13
PING AN INSURANCE (GROUP) CO OF CH 1.72
CHINA MOBILE LTD 1.43
INDUSTRIAL AND COMMERCIAL BANK OF 1.23
BANK OF CHINA LTD H 0.87

業種別構成比率(%)

金融 29.97
情報技術 16.67
通信サービス 13.39
一般消費財・サービス 13.24
資本財・サービス 5.11
素材 4.59
生活必需品 4.14
不動産 3.18
エネルギー 3.01
ヘルスケア 2.64
公益事業 2.06

Fact Sheet

Screenshot of www.blackrock.com

『iシェアーズ MSCI エマージング・アジア・インデックス ETF』|Fact Sheet

株価


5年間/月足/横ばい
上段: SMA 25 SMA 50 SMA 75/
下段: VOLUME

スポンサーリンク

【中国株ETF(上場投資信託)】バンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF|ファンド紹介

バンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF (Vanguard FTSE Asia ex Japan Index ETF)は、FTSEアジアパシフィック(除く日本・オーストラリア・ニュージーランド)インデックスへ連動する投資成果(手数料および経費の控除前)を上げることを目指す。当インデックスは、世界の投資可能な時価総額の98%をカバーする、FTSEグローバル・エクイティ・インデックス・シリーズ(GEIS)の派生インデックスであり、アジアの先進国市場および新興国市場 計11カ国、700以上の構成株式銘柄を含む。

<手数料>
売買手数料・・・0.50%(税込0.55%)
経費率・・・0.20%
<分配金>
分配利回り・・・1.84%

組入上位銘柄(%)

Tencent Holdings Ltd. 5.4
Samsung Electronics Co. Ltd. 4.5
Alibaba Group Holding Ltd. 4.3
Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. 3.9
AIA Group Ltd. 2.7
China Construction Bank Corp. 1.7
Ping An Insurance Group Co. of China Ltd. 1.4
Industrial & Commercial Bank of China Ltd. 1.2
Reliance Industries Ltd. 1.2
Housing Development Finance Corp. Ltd. 1.1

業種別構成比率(%)

 

金融 30.9
テクノロジー 21.4
消費者サービス 10.6
消費財 9.5
資本財 9.3
石油・ガス 4.7
素材 4.1
通信サービス 3.7
公益 3.0
ヘルスケア 2.8

Fact Sheet

Screenshot of www.vanguardjapan.co.jp

『バンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF』|Fact Sheet

株価


5年間/月足/横ばい
上段: SMA 25 SMA 50 SMA 75/
下段: VOLUME

スポンサーリンク

【中国株ETF(上場投資信託)】比較評価

◆手数料を抑えたい方
・・・iシェアーズ・コアMSCIチャイナ・インデックスETF/バンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF
◆中国株に集中して投資したい方
・・・iシェアーズ・コアMSCIチャイナ・インデックスETF
◆中国株を中心にアジア諸国へ分散投資したい方
・・・バンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF
◆テンセント・アリババ・バイドゥの3銘柄すべてに投資がしたい方
・・・iシェアーズ・コアMSCIチャイナ・インデックスETF

スポンサーリンク

中国株投資まとめ

IT企業の発展が目覚ましい中国企業。

その中でも『BAT』と呼ばれる『バイドゥ』『アリババ』『テンセント』は特に成長しました。

そんな魅力的だけど、少しリスキーな中国企業への株式投資をするなら、投資信託・ETF(上場投資信託)がおすすめです!

個人的には、、、

    ◆中国株を中心に投資をしたい!
    ◆手数料を抑えたい!
    ◆純資産額の多い安心な投資信託を選びたい!

ので、投資信託を選ぶなら、JPMアジア株・アクティブ・オープン

    ◆手数料を抑えたい!
    ◆中国株に集中して投資したい!
    ◆テンセント・アリババ・バイドゥの3銘柄すべてに投資がしたい!

ので、ETF(上場投資信託)を選ぶなら、iシェアーズ・コアMSCIチャイナ・インデックスETF

がおすすめです!!

証券会社は、、、楽天証券

楽天証券を使うなら、

◆月5万円までなら楽天カード支払いがお得!

◆月5万円を超える場合も楽天銀行からなら入出金が手数料無料!

コメント

タイトルとURLをコピーしました