【キャンペーン】期間中、SAMURAI FUND口座開設で無条件500円分のアマギフをプレゼント【今すぐ見てみる!】

【FANTAS funding】おすすめの会社か?特徴まとめ!口コミ・評判有り【不動産クラウドファンディング】

おすすめソーシャルレンディング/不動産クラウドファンディング
スポンサーリンク

【FANTAS funding】おすすめの会社か?特徴まとめ!口コミ・評判有り【不動産クラウドファンディング】

2018年10月29日の会員登録開始から5日間で登録者数が5,000人を突破致しました。
11月12日からは、物件への応募も開始予定となっており、11月中旬以降には空き家再生プロジェクト始め、様々なプロジェクトを準備しております。
引き続き、FANTAS fundingをよろしくお願いいたします。

どうやらFANTASの不動産ソーシャルレンディングサービス『FANTAS funding』の登録者数が5,000人を突破したようです!

まだ募集すら開始されていないんですがね...

注目されていることは間違いありません!!

投資家のみなさんがなにをもって登録したのか、調査してみました!!

スポンサーリンク

【FANTAS funding特徴】①まずは会社と社長の来歴から調査!

Screenshot of fantas-tech.co.jp

写真をみるに、

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

『言ってはいけない』に記載されていた、いわゆる野心に満ちた経営者顔というよりかは、スマートな顔立ちをされています。

 

氏名
國師康平
1982年
岡山県生まれ
2005年
近畿大学卒業
2005年
木下工務店入社
5年間実務をやってから起業しました。漠然と経営者になりたいと思っていたときは、特に「どのジャンルで」というのはなかったのですが、営業の経験を積もうと思って不動産業界に入り、その流れで不動産業界で起業。
2010年
PLSプレセデンシャル株式会社(現:FANTAS technology株式会社) 設立
主力事業は、土地を仕入れて建物を建て、分譲して管理をする、ワンルームマンションのデベロッパー
物件をAIで査定し、買い取り、ITを活用し販売する。成約につながる可能性が非常に高くなったときにようやく、営業担当が直接出向むく新たな仕組みを確立

FANTAS HPより引用

最初の動機こそふわふわされていますが、その後しっかり実績を残されているのが、さすがです。

そして、もう一つ國師がこれからやろうとしていることがある。
「空き家再生事業です。放置されてしまっている空き家を買い取って、リノベーションし、入居者をつけて、高利回り商品にして投資家に売却するのです」

社会問題になっている「空き家問題」。これは、今すぐにでも必要とされる事業かもしれない。そして、これもニッチなところに目がいった事業とも言える。

もはやニッチな事業でもなくなっているほどに、今後空き家がものすごい勢いで増えていくので、不動産事業者としてそこにも手をつけるそうです。
【追記】FANTAS fundingでも空き家再生ファンドもう出てます!

設立はまだ浅いですが、ソーシャルレンディング事業者では数人で運営されている会社もある中、多くの従業員を雇えるだけの売り上げも上げています。

今後もさらに事業が加速していきそうです。

【Release】FANTAS technology、 プロeスポーツチーム 「DetonatioN Gaming」とスポンサー契約締結を発表
(https://fantas-tech.co.jp/news/press/3404/より引用)

他にもこんなリリースを拝見しました。

今勢いのあるeスポーツ産業のスポンサーになるということは、今後かなり広告費もかけていきそうですね。

ぜひ不動産クラウドファンディング事業もガンガン進めてもらいたいですね!!

>>【登録無料】FANTAS fundingを試す

スポンサーリンク

【FANTAS funding特徴】②募集案件を調査!

現在はまだひとつも募集が開始されていません。

ただ、募集開始前として案件が公開されています!

でも、詳細を見るには、登録が必須なんですよね...

分かる範囲で調査してみす!

◎利回りは8~10%とかなり高水準です!
◎運用期間は4~7か月とかなり好条件ですね!
◎案件の内容については詳細が不明ですが、1件を除いてすべて中古不動産流通のようです。
1件は空き家再生です。

・担保の有無などは少なくとも会員以外には公開されていません。

このように案件については詳細はわかりませんが、条件はかなり良いようです!

不動産ソーシャルレンディングは基本的に担保として該当の不動産があてられることになるので、もし万が一のことがあっても、該当不動産を売却すれば一応お金は返却されます。

ただ自然災害によるものや、そもそもmaneoであったように融資金がそもそも別用途で使われていたりすると話は違います。

そのため不動産担保がもしあった場合、安心材料にはなりますが、それだけで元本保証と考えるのはあまりに尚早なので注意が必要です。

【追記】
直近のファンドの分析はこちらでしています!⇩⇩

>>【登録無料】FANTAS fundingを試す

スポンサーリンク

【FANTAS funding特徴】③口コミ・評判はどう...?

サービス開始前なのでまだ評判や実績などはありませんが、なんか不穏な空気を感じ取っていらっしゃる方もいるようです。

【追記】
こちらで直近の口コミ・評判をまとめています!⇩⇩

スポンサーリンク

【FANTAS funding】おすすめの会社か?特徴まとめ!口コミ・評判有り【不動産クラウドファンディング】|まとめ

FANTAS fundingについて、まとめました。

不動産クラウドファンディングでは最近多くの事業者が参入されているので、FANTAS fundingの動きについても要注目です。

現状は事業開始当初に比べ利回りが落ち着いていますが、健全な運営が続けられています。

これまでの貸し倒れ・元本割れはゼロです!

不動産クラウドファンディングは対象の不動産自体が担保のような役割を果たすため、事業が中心のソーシャルレンディングより精神衛生上、安心して投資することができます。

FANTAS fundingについても選択肢にいれてみては?

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

無料登録はこちら
(FANTAS funding公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました