【見逃し厳禁⚠】クラウドバンクがキャンペーン中!すぐにキャンペーン情報を見てみる→
AD

ファンズ(Funds)は貸し倒れなし?安全性調査とおすすめ投資先【3選】

「ファンズ(Funds)は貸し倒れゼロって本当?」
「ファンズ株式会社が運営するファンズ(Funds)とは?」
「ソーシャルレンディングでおすすめの投資先を知りたい!」

ファンズ株式会社が運営するファンズ(Funds)。
2019年1月23日にサービスを開始しました。

ファンズ(Funds)は主に上場企業のファンドを取り扱う、ソーシャルレンディングサービスです。

「1円から投資ができる」「貸し倒れがない」などの特徴があります。

 

ソーシャルレンディングと言えば、「利回り高め」「リスクがある」というイメージがありますよね。

ファンズ(Funds)の利回りや安全性はどうなのでしょうか。

 

今回は、ファンズ(Funds)の安全性と知っておきたいデメリット、貸し倒れのリスクについて紹介します。

\\ 【登録でアマギフ2000円!】タイアップキャンペーン開催中 //
アマギフ〇〇円を無料口座開設でプレゼント

当メディア「シッパイ投資術」とCOZUCHIがタイアップキャンペーン開催中【⚠見逃し厳禁】

【※4月30日まで限定※】

\\登録するだけ!アマギフ2,000円プレゼント!//


COZUCHI(コズチ)
新規登録だけで、
もれなくAmazonギフト“2,000円分” プレゼント
さらに、投資額に応じてAmazonギフト“最大50,500円分”プレゼント
https://cozuchi.com/
今すぐ登録する
ソーシャルレンディング
不動産投資クラウドファンディング
キャンペーン特典内容
<期間>
 クラウドバンクロゴクラウドバンク
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなく楽天ポイント500円分プレゼント
+はじめての投資で、もれなく楽天ポイント2,000円分プレゼント
※楽天ポイントの連携必須
期間:2022年8月3日(水) 12:00~常時開催
>>無料でクラウドバンクに登録する
COZUCHIロゴCOZUCHI
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなくAmazonギフト2,000円分プレゼント
+投資額に応じて最大55,000円分プレゼント
期間:2024年4月1日(月)〜4月30日(火)
>>無料でCOZUCHIに登録する
 TOMOTAQUのロゴTOMOTAQU
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなく2,000円分の出資に使えるポイントプレゼント
+初の資料請求で、もれなくQUOカード500円分プレゼント
期間:終了未定
>>無料でTOMOTAQUに登録する
 利回り不動産のロゴ利回り不動産
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなく1,000円分のワイズコインプレゼント
+登録後、30日以内に10万円以上の投資で、もれなく10,000円分のワイズコインプレゼント
※ワイズコインは投資資金・アマギフに交換可能

期間:2024年1月1日~2024年4月30日
>>無料で利回り不動産に登録する
 Funvest(ファンベスト)のロゴFunvest
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなくAmazonギフト券1,000円分プレゼント
+登録から60日以内の初投資で、もれなくAmazonギフト券1,500円分プレゼント

期間:2022年5月11日(水)~終了未定
>>無料でFunvestに登録する
 COMMOSUSのロゴCOMMOSUS
キャンペーンを
利用する
新規会員登録+初めてのファンド投資で
Amazonギフト最大100万円分プレゼント
※200名限定

期間:2024年3月22日~2024年4月30日
>>>無料でCOMMOSUSに登録する
 JointoαのロゴJointoα
キャンペーンを
利用する
新規会員登録でもれなく Amazonギフト券1,000円分プレゼント
期間:2024年1月1日(月)~2024年6月30日(日)まで
>>>無料でJointoαに登録する
 AGクラウドファンディングロゴAGクラウドファンディング
キャンペーンを
利用する
新規会員登録でもれなく Amazonギフト券1,000円分プレゼント
期間:2024年4月1日~ 2024年9月30日
>>無料でAGクラウドファンディングに登録する
 マリタイムバンクのロゴマリタイムバンク
キャンペーンを
利用する
新規会員登録でもれなく Amazonギフト券1,000円分プレゼント
期間:2022年10月11日10時~(終了日時未定)
>>無料でマリタイムバンクに登録する
 
CREAL
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなくAmazonギフト券1,000円分プレゼント
+投資で合計最大Amazonギフト券50,000円分プレゼント
期間:〜終了未定(公式サイトで確認する)
>>無料でCREALに登録する
ダーウィンファンディングのロゴダーウィンファンディング
キャンペーンを
利用する
新規登録で、もれなくPayPayポイント500円分のPayPayギフトカードプレゼント
期間:2023/12/1~2024/6/30
>>無料でダーウィンファンディングに登録する
 オルタナバンクロゴオルタナバンク
キャンペーンを
利用する
初めての投資で、最大30,000円プレゼント
期間:2024年2月16日(金)~2024年5月16日(木)
>>無料でオルタナバンクに登録する

※上表には、ソーシャルレンディングおよび不動産クラウドファンディングのキャンペーン情報を含みます。

読者のみなさまに安心してご利用いただけるよう、本記事で紹介する金融/投資会社は、金融庁管轄の第一種金融商品取引業種第二種金融商品取引業種の登録を行い、金融商品取引法及び資金決済法に則った適正な運営のもとで、信頼のサービスを提供しています。

ファンズ(Funds)は貸し倒れがないって本当?

ファンズ(Funds)では、2019年1月23日のサービス開始から2022年11月5日現在まで、貸し倒れなどの元本毀損や分配遅延は発生していません

ファンズ(Funds)が扱うファンドの平均運用期間は、14か月。

約1年で返済できなくなるような企業は、ほとんど参加していないと考えられます。

 

もちろん貸し倒れがゼロの金融商品はないため、ファンズ(Funds)にもリスクがあります。

ですが、サービス開始から現在まで元本毀損が起きていないということは、リスクを回避する体制が整っているということです。

ファンズ(Funds)の安全性の秘訣とは?

ソーシャルレンディング業界では、融資先の資金繰り悪化を発端に大手が廃業したり、行政処分を受けたりする事業者が見られます。

ソーシャルレンディングを利用する際、事業者のリスクマネジメント能力を見極めることが大切です。

ファンズ(Funds)の安全性の秘訣を見てみましょう。

  • 貸付先が上場企業を中心とした信頼感のある企業
  • 高すぎない利回りで、事業運営に無理がない
  • そもそも広告効果を目的としたファンドも多く、リスクが低い

貸付先が上場企業を中心とした信頼感のある企業

ファンズ(Funds)が貸付しているのは、上場企業や大手企業、監査法人の監査を受けた企業のみ。

破綻するリスクが低い企業に限定しています。

 

上場企業の場合も、独自の審査によって企業の安全性を精査

公認会計士や元株式アナリストなどで構成された審査部門によって、企業とファンドの審査がおこなわれています。

高すぎない利回りで、事業運営に無理がない

ソーシャルレンディングサービスでは利回りが10%を超えるファンドもある中、ファンズ(Funds)の利回りは1〜2%台。

2019年1月23日から2022年11月6日現在の平均予定利回りは2.06%です。

ファンズ(Funds)には、「信頼できる企業が参加×無理のない事業運営」という、安心して投資できる環境が整っています。

また、ファンズ(Funds)のファンドはすべて固定利回りなので、値動きのチェックが不要。

投資家はファンドに応募したら、あとは分配を待つだけなのもポイントです。

そもそも広告効果を目的としたファンドも多く、リスクが低い

ソーシャルレンディングには、企業や商品を広告する効果があります。

その仕組みは、以下のとおりです。

  • ファンドを募集することで、投資家に企業や商品、サービスを知ってもらえる
  • 企業は、ソーシャルレンディングで資金調達したことをプレスリリースで報告
  • SNSで拡散されたり、マスコミ取材を受けたりする
  • 企業や商品、サービスについて広く知れ渡る

ファンズ(Funds)に参加している企業の多くは、広告効果を期待しています。

実際にファンズ(Funds)のファンド情報を見てみると、企業や主な商品・サービスについて、写真や動画で紹介されています。

もしも貸し倒れが起こると、企業や商品のイメージが悪化します。

評判が下がるようなことのないように、企業はしっかりと資金計画を立てたうえでファンズ(Funds)に参加しています。

つまり、広告目的でファンズ(Funds)に参加している企業は、安全性が高いと言えるのです。

ファンズ(Funds)が貸し倒れをする可能性のあるケース

ファンズ(Funds)ではサービスを開始した2019年1月23日から現在までの約3年間、貸し倒れは発生していません。

もしも貸し倒れが発生するとしたら、どのような時なのでしょうか。

主に2つのケースが考えられます。

  • 貸付先が貸付資金の不正利用や倒産した場合
  • 事業者が倒産や事業停止した場合

ファンズ(Funds)で上記のケースが発生するかどうかを見極めることも大切です。

貸付先が貸付資金の不正利用や倒産した場合

貸付先が行政処分を受けたり倒産したりした場合、貸し倒れする可能性があります。

投資家が貸付先の倒産を予測するのは、難しいこと。

事業者がいかに企業やファンドを精査し、リスクを回避できるかが重要です。

ファンズ(Funds)には企業やファンドを精査する審査部門があり、企業の規模に関わらず審査を実施しています。

また、ファンドの募集ページには、ファンド特有のリスクや注意事項が記載されています。

投資初心者でもリスクについて理解しやすいよう、工夫しているのがわかります。

事業者が倒産や事業停止した場合

ファンズ(Funds)が倒産または事業停止になる可能性はあるのでしょうか。

ファンズ(Funds)を運営するのは、ファンズ株式会社。

設立は2016年11月、旧社名は株式会社クラウドポートです。

 

ファンズ(Funds)を開始する前は、資産運用に特化したウェブメディアを運営。

弁護士や金融の専門家や弁護士が複数在籍しています。

 

ファンズ(Funds)累計ファンド募集金額は、2019年1月23日から2022年11月6日現在までで、約260億円。

着実に実績を積み上げています。

 

これらの現状と実績から、ファンズ(Funds)がすぐに倒産や事業停止に陥る可能性は低いと考えられます。

ファンズ(Funds)のデメリット

ファンズ(Funds)はこれまで元本毀損や分配金の遅れなどがなく、リスク回避のための体制も整っています。

安全面への安心感は高いでしょう。

 

ですが、どのサービスにもデメリットがあることを忘れてはなりません。

ファンズ(Funds)には、主に3つのデメリットがあります。

  • 利回りが低く、少額投資だと得られる利益が少ない
  • ほとんどのファンドで担保・保証がない
  • 先着方式がほとんどなのに、あらかじめ投資口座に入金していなければならない

利回りが低く、少額投資だと得られる利益が少ない

ファンズ(Funds)の利回りは、1〜2%台が中心です。

現実的な利回りではありますが、10%台のファンドもあるソーシャルレンディングと比べると、低いと言えます。

ファンズ(Funds)では1円から投資できるのが魅力ですが、少額投資では高額な利益を得るのは難しいでしょう。

 

ですが、ファンズ(Funds)の利回りは預貯金の金利よりも高利回りです。

ファンズ(Funds)の利回りと預貯金の金利を比較すると、以下のようになります。

 

投資と貯蓄を比較すると、投資をしたほうがお金を増やせる可能性があります。

1円から1円単位で投資ができるファンズ(Funds)は、投資初心者でも始めやすい点が魅力の1つです。

 

ただし、ここで注意したいことが。

投資用口座に入れているお金には、利子が付きません。

そのため投資用口座に入金したら、投資をしなければお金が増えません。

 

「入金してファンドに応募したのに、抽選で外れてしまった」「先着順で間に合わなかった」というケースも考えられます。

応募の時点で投資用口座への入金が必要なファンズ(Funds)では、当選を勝ち取れるかどうかが投資成功の鍵と言えます。

ほとんどのファンドで担保・保証がない

ソーシャルレンディングでは、担保・保証が付いた案件があります。

一方、ファンズ(Funds)では、ほとんどの案件で担保・保証がありません

 

そのため、投資家が損失を負うおそれがあるのです。

なお、ファンズ(Funds)に限らず、すべての金融商品で元本保証が禁止されています。

投資家の損失やリスクを回避するために、ファンズ(Funds)ではおもに以下の取り組みを実施しています。

  • 参加企業は上場企業、監査法人の監査を受けた企業のみ
  • 企業の規模に関わらず、社内の審査部門で企業とファンドを精査
  • 出資対象はリコースローン

ファンズ(Funds)では、「リコースローン」を出資対象としています。

リコースローンとは、企業が持つすべての資産を担保とすることです。

 

もしも分配金の遅延があった場合、企業の資産を使って投資家の元本・利回りを確保します。

「担保・保証がない」と聞くと不安になりますが、投資ではリスクがつきもの。

リスク管理をファンド組成企業に任せるだけではなく、投資家もリスクを理解したうえで投資をすることが重要です。

先着方式がほとんどなのに、あらかじめ投資口座に入金していなければならない

ファンズ(Funds)では、先着方式と抽選方式を採用しています。

先着方式ではいわゆる「クリック合戦」に負けてしまうと、ファンドに投資することができません

ファンドの投資に参加できなかった場合、当然そのファンドに投資はできません。

ですが、先着方式での入金期限日は、ファンドの募集終了予定日または入金期限日の、どちらか早い日付が採用されます。

 

つまり、先着に外れる可能性があるにも関わらず、あらかじめ投資口座に必要な資金を入れておく必要があるのです。

 

申し込めなかった場合は引き落としされませんが、先着順なのに入金が必要なことに不満を感じる方がいるかもしれません。

なお、ファンズ(Funds)では、メルペイでの決済も可能です。

メルペイを利用する場合、投資申込時から決済開始まで30分、また決済開始から決済完了まで20分以内に決済しなければ、自動的に申し込みがキャンセルされます。

ファンズ(Funds)が貸し倒れする前に登録しておきたいおすすめ投資先

ファンズ(Funds)の安全性とデメリットについて紹介しました。

投資の目的は資産を増やすことです。

近年はソーシャルレンディングと同様のクラウドファンディング投資である「不動産クラウドファンディング」の勢いがすごいです。

上場企業も参画してきていて、市場が活発化しています。

 

そんな勢いに乗り遅れている方におすすめしたい不動産クラウドファンディングはこちら。

  • 利回り283.5%の実績!COZUCHI(コヅチ)
  • 上場企業が直接運営!Jointoα(ジョイントアルファ)
  • 隠れた名サービス!ちょこっと不動産

①利回り283.5%の実績!COZUCHI(コヅチ)

COZUCHI-HP

COZUCHIのHP

COZUCHI
【公式サイト】https://cozuchi.com/

「想いと豊かさを循環させる、カンタン不動産投資」COZUCHIは、ミドルリターンの不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。

事業者の安心
★★★★☆(4)
不動産クラウドファンディング(不動産小口化商品)黎明期の
2014年から事業を行っている。
ファンドの利回りの高さ
★★★★★(5)
最大利回り20%。
さらにキャピタルゲインで最大283.5%の利回りのファンドも。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率50%を超えるファンドもあり。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
運用期間7年などの超長期ファンドもあるが、
6〜12ヶ月がボリュームゾーン。
途中換金もできるので緊急時も安心。

さらによくある不動産ではなく、かなり特徴的なファンドを募集しています。

例えば、再開発対象物件やEXITファンド(すでに売却が決まっている不動産)、六本木一等地のファンドなど。

他の不動産クラウドファンディング事業者では、なかなか見かけない不動産を対象にしていることが多いのが特徴です。

高い利回りでお金を稼ぎながら、募集されるファンド、募集に至るまでのストーリーを楽しめる稀有な事業者です。

無料で口座開設できるので、とりあえず試してみましょう!

\\ 【登録でアマギフ2000円!】タイアップキャンペーン開催中 //

口座開設から投資まで手数料は一切かかりません。

【公式サイト】https://cozuchi.com/

②上場企業が直接運営!Jointoα(ジョイントアルファ)

不動産投資型クラウドファンディング | ジョイントアルファ [Jointo α] URL:https://join-to.jp/

不動産クラウドファンディング 「ジョイントアルファ[Jointo α]」は、 西日本最大級のマンション開発戸数を誇るあなぶき興産が運営する、不動産投資型クラウドファンディングのサイトです。

事業者の安心
★★★★★(5)
不動産クラウドファンディングとしては数少ない、
東証一部上場企業が直接運営。
ファンドの利回りの高さ
★★★★☆(4)
利回りのレンジは3〜6%程度。飛び抜けて高くはないが、
低くはなく積極的に投資を狙っていきたい水準。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率30%が多い。
案件に応じて50%になるものも。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★☆(4)
6〜12ヶ月がボリュームゾーン。
利益も確保でき、長すぎない丁度いい運用期間。

東証一部上場企業が直接運営している不動産クラウドファンディングは数えられるほど。

会社の規模が大きいため、物件は全国津々浦々のファンドを募集しています。

それぞれのファンドの物件詳細は指折りの情報量。

ただ利回りが上述のCOZUCHIのインパクトを見たあとだと、少々物足りない感は否めません。

とはいえ6%程度の案件も募集しているので、日々情報は収集していきましょう!

もちろん口座開設は無料。企業としてのとびきりの安心感を誇るJointoαに口座開設してみては?

\\ 【〜6/30限定】登録で、アマギフ1,000円プレゼントキャンペーン開催中 //
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
https://join-to.jp/
公式サイト詳細を見る

③隠れた名サービス!ちょこっと不動産

ちょこっと不動産
URL:https://chokotto-fudousan.jp/

不動産に、新たな「価値」と「可能性」を。1万円から始める不動産投資 RYOEIの不動産クラウドファンディング

事業者の安心
★★★★☆(4)
20年以上の不動産のプロ集団。
不動産開発・不動産賃貸・クラウドファンディングと
0→1、1→10、10→100のすべてのフェーズを網羅。
ファンドの利回りの高さ
★★★★☆(4)
利回りのレンジは6%前後。
ローリスクハイリターンとしては喉から手が出る
嬉しい利回り。
ファンドの劣後出資比率の高さ
★★★★☆(4)
劣後出資比率30%。安心の高水準。
ファンドの運用期間の短さ
★★★★★(5)
4〜6ヶ月と比較的短め。
比較的高利回りかつ短めな運用期間は
投資家冥利に尽きる。

失礼ながら、あまり目立たないですが超優良サービスの「ちょこっと不動産」。

特にリスクテイカーの逆、つまりなるべく安定・堅実なファンドに投資したいという方にはうってつけです。

おまけに利回りは高めなので、二兎追う者が二兎とも得られてしまうサービスです。

まだ募集ファンド数がそこまで多くないので、今後に期待大です。

今のうちにチェックしておきましょう。もちろん口座開設は無料ですよ!

\\ アマギフキャンペーン開催中!安全性比較ランキング1位🥇 //

ファンズ(Funds)貸し倒れ|まとめ

ファンズ株式会社が運営する「ファンズ(Funds)」について紹介しました。

ファンズ(Funds)ではサービス開始から現在までの約3年間、貸し倒れや分配金の遅延は発生していません。

社内の審査部門が参加企業とファンド内容をチェックしているため、信頼度の高いファンドが多く安心して投資ができます。

とはいえ、不動産投資のリスクがゼロというわけではありません。

ファンズ(Funds)のサービス内容やデメリットを確認したうえで利用することが大切です。

\\ 【登録でアマギフ2000円!】タイアップキャンペーン開催中 //
タイトルとURLをコピーしました