【キャンペーン】期間中、SAMURAI FUND口座開設で無条件500円分のアマギフをプレゼント【今すぐ見てみる!】

チャート諦め宣言。見ないで儲かる投資【4選+α】

お役立ち情報
スポンサーリンク

【この記事でわかること】
【この記事でわかること】
チャートで失敗した向け、
チャートを見ることなく、ほぼほったらかしで投資できる方法をお教えします!

もうチャートは見たくない2018

このサイトにご訪問いただいたということは、ある程度投資をご経験されているかと思います。
それも、失敗しているでしょう。
かくいう私もそうです。
それに共通するのが、「チャート」だったのです。
憎きチャート悪しきチャート

そこで超画期的な投資手法を思いついてしまいました。
それは、、、
単純なことでチャートなんか見ないで投資すればいいじゃん!!(笑)

見事な結論に辿り着きました。
今回そんなチャートを見ないで儲かる投資を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

債券(国債・地方債・社債)

債券とは簡単に言うと借金です。
それが国が発行する借金なのか、地方なのか、会社なのか、というわけです。

日本国が発行する債券を、『国債
地方が発行する債券を、『地方債
会社が発行する債券を、『社債』と呼びます。

私たちが借金するときには、利子を払わなければならないのと同様に、債券を購入すると利子が支払われます。

まず債権は円貨建債権外貨建債券があります。
ようするに対円の債権(為替で言うところのUSD/JPYやEUR/JPYなど)と対外貨の債権(GBP/USD、AUG/EURなど)ということです。

外貨建債券というのがクセモノなのです。
なんといっても外貨、つまり為替相場の影響を受けるのです。
憎きチャートです。

ただ憎いからこそ、利回りがでかいんです。。。
欲張っちゃダメ。また失敗するよ。

ということで、今回は円貨建債券に限定して紹介しようと思います。

メリット

●とにかく安全安心♪
国債や地方債に関しては元本が保証されています。
つまり日本がつぶれない限り安心ということです。
社債に関してはやや倒産リスクがありますが、基本的にリスクは低めであることに間違いありません。
●手軽に始められる
最低1万円から購入可能であり、条件があえば途中で換金することも可能です。

デメリット

正直利回りが究極低いです、、、
預金よりちょっとマシかなという程度です。
具体的には0.05%~0.07%。
特にイオン銀行の普通預金は0.12%、GMOあおぞら銀行の定期預金なら0.2%と国債を購入するメリットがあまりありません。

スポンサーリンク

投資信託

投資信託には大きく分けて
1. インデックスファンド
2. アクティブファンド
の2種類があります。
投資信託は積み立てという手法がとれる上、基本的に上昇していくという見方で投資をするためチャートを見ないという選択はできます。
ただ、それでもチャート畑から逃走してきたみなさんはどうしても見ちゃうと思います。
そして含み損がなんだかもやもや不安感が湧き出てきてしまいます。
そりゃあ人間なので、得することより損することの方が大きな影響を与えます。
みなさん人間として正しい反応されています。
ではどうするか。
バランス型ファンドを活用しましょう。
以下にメリットデメリットを書いていきます!

メリット

国内外の株式や債券をバランスよく保ってくれ、バランスが崩れても、自動でリバランスをして調整してもらえるものです。
こんな便利なことはありますでしょうか。
他のファンドと比較して手数料は割高になります。
ただ、自身でやる手間と比較すれば充分すぎると思います。
そもそも副業投資家なんてプロに比べたらどうしても劣ります。
どんなに勉強していても仕事としてトレードしてる人とは比較になりません。
その努力をせずとも恩恵に授かれるならやらない手はないでしょう。

デメリット

手数料問題です。
これは感覚次第ではあります。これだけのメリットがあるため安いと思う方もいますが、バランスファンドには債権が含まれており、債券を買うと考えると、手数料は高くつきます。
ただ、わたし個人としては基本的に勝手に運用してもらえるのなら安いと感じます!!

スポンサーリンク

ソーシャルレンディング

聞き覚えある方も多いと思います。
別名、融資型クラウドファンディングとも呼びます。
簡単に言うと企業と個人のお金の貸し借りであり、利子分を個人と運営会社がもらえるというものです。
最近のものはほとんどが担保付きの融資となり、安心感もありますが、最近よくないニュースがあり、知名度と引き換えにイメージが悪くなってしまった印象です。
ただ、一度悪いニュースが出て、運営会社の信用が失墜してしまったことから、他の会社はより一層注意した経営を行うことが期待されます。
またソーシャルレンディング運営会社は多くあります。
それぞれ特色もあり、会社ごとに分散することは必須でしょう。

メリット

なんといってもほったらかしができるということです。
会社を選び→口座の開設を行い→入金して→ファンドを選べば、あとは数か月間ほったらかしです。
もちろんチャートを見る必要はないですし、確認するとしたら、毎月の分配金を見てニヤニヤすることくらいでしょうか。
それだけハードル低く始められます!!

デメリット

運営会社の不祥事、その融資先の不祥事による口座の凍結が最大であり、これに尽きるでしょう。
こればっかりはどうしようもありません。
いかに信頼のおける運営会社を選び、かつ、その会社が融資先に関する情報をなるべく多く公示しているかをチェックするしかありません。
そうした意味では、裁量でのリスク管理ができないのがデメリットでしょう。
そのためなるべく多くの運営会社に分散し、その中でも多くのファンドに分散することでリスクを分散しましょう。

スポンサーリンク

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーはバランスファンドの一種ということもできます。
人工知能などを用いてポートフォリオを組み込んでもらえます。
近未来感があり、今後も勢いを増す投資手法であると思います。
この手軽さは、まさに、銀行預金の代わりに最も近いと思います。

メリット

絶対的な違いは、AIによる投資先の選定、リスク許容度を調整可能、なんといっても手軽
バランスファンドなどと比較して手数料が高いことから否定的な意見も近年見かけるようになりました。
ただやはりその分直感的に投資を体験できるという面で大きなメリットがあります。

デメリット

やはり手数料問題でしょう。
個人がどう感じるかです。
手間をかけずに自動で運用してもらえるので、ぜんぜん元を取れていると思います。
実績利回りを見ても、手数料はあまり気にならないでしょう。

スポンサーリンク

【番外】ポイント、クレジットカード利用

日常の買い物で溜まったポイント、クレジットカードや電子マネーで支払った際のお釣りに当たる部分を投資するというところです。
投資先はチャートが絡むものが多いため、あえて番外として紹介しました。
ただ、勝手に投資してくれるため完全に無視していても大丈夫。
そういった意味ではチャートを見ないで投資できるため今回紹介しました。

スポンサーリンク

まとめ

このようにチャートを見ないでも投資する方法はたくさんあります。
チャートで成功できる人は多いに成功してお金を稼いでいただければと思います。
ただ、世の中には個別株やFXに手を出して散々な結果となった方も多くいると思います。
そんな方へ、有益な情報となっていれば幸いです。

今後は
バランス型ファンド
ロボアドバイザー
ソーシャルレンディング
の3つを軸に分析、紹介していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました