【⚡期間限定】ソーシャルレンディング/不動産クラウドファンディングのキャンペーン情報まとめは「こちら」【2021年9月更新】👆

【米国バリュー株】『VTV』ブログ記事で話題のETFとの比較評価!!【ポートフォリオ】

おすすめバリュー株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|ファンド概要

VTVのファンド概要を紹介していきます。

  • ファンド紹介
  • 組入上位銘柄(%)
  • 業種別構成比率(%)
米国ETFの購入におすすめのネット証券【3選】
証券会社 手数料 特徴
\驚異の米国株手数料無料/
DMM株
DMM 株
無料 手数料無料なので無駄なコストを
すべて投資に回せて効率的!
\ポイント投資の代表格/
楽天証券
楽天証券
約定代金の
0.495%(税込)
楽天銀行と併用でポイントが貯まる!
楽天経済圏を利用している方向け!
\唯一米国ETFの自動買付可能/
SBI証券
SBI証券
約定代金の
0.495%(税込)
国内主要証券会社で唯一!
米国株式・ETFの定期買付が可能!
\\ たった2分で登録完了 //

自動でトレード記録・分析アプリ kaview(カビュウ)
https://kaview.jp/
公式サイト詳細を見る
>>投資家必携の四季報は常に最新版を!

ファンド紹介

バンガード・米国バリューETF(VANGUARD VALUE ETF)は、CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指す。

スポンサーリンク

組入上位銘柄(%)

Berkshire Hathaway Inc. 3.3
Johnson & Johnson 2.9
JPMorgan Chase & Co. 2.7
Exxon Mobil Corp. 2.6
Procter & Gamble Co. 2.2
Bank of America Corp. 2.0
AT&T Inc. 1.9
Pfizer Inc. 1.9
Chevron Corp. 1.9
Verizon Communications Inc. 1.9
スポンサーリンク

業種別構成比率(%)

 

金融 23.7
ヘルスケア 17.0
資本財 11.5
消費財 11.2
テクノロジー 8.2
石油・ガス 7.8
消費者サービス 7.6
公益 6.5
通信サービス 3.9
素材 2.6
スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|Fact Sheet

スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|株価


5年間/月足/上昇トレンド
上段: SMA 25 SMA 50 SMA 75/
下段: VOLUME

スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|配当

予想3-5年一株当たり利益(EPS)成長率 3.3%
株価収益率(PER) 16.4
組入銘柄数 350
株価純資産倍率(PBR) 2.2
総経費率(%) 0.04
株価収益率(PER)×株価純資産倍率(PBR) 36.08
スポンサーリンク

株式投資用語のおさらい:EPS

一株当たり当期純利益(ひとかぶりあたりとうきじゅんりえき、英: earnings per share)は、株価指標の一つである。
日本国内ではEPSという頭字語も広く用いられている。一株利益、一株あたり利益、一株あたり当期利益、などの略称または俗称で呼ばれることも多い。Wikipedia より引用

一般にEPSの値が大きければ大きいほど良い銘柄と言われています。

スポンサーリンク

株式投資用語のおさらい:PER

株価収益率(かぶかしゅうえきりつ、英: price earnings ratio)とは株価の状況を判断する指標の1つである。株価を判断する情報として株価純資産倍率(PBR)と共に重要視される。日本では頭字語をとった略称のPERと表記するのが一般的である。アメリカ合衆国ではP/EないしPEと表記するのが一般的である。

Wikipedia より引用

一般に大きければ割高銘柄、小さければ割安銘柄と言われています。

スポンサーリンク

株式投資用語のおさらい:PBR

株価純資産倍率(かぶかじゅんしさんばいりつ、英: price book-value ratio)は、企業の資産面から株価の状態を判断する指標である。株価の状況を判定する情報として株価収益率(PER)と共に重要視される指標のひとつである。

頭字語をとった略称のPBRの表現は日本国内で広く用いられているが、アメリカではP/Bと表記するのが一般的である。

Wikipedia より引用

一般に大きければ割高銘柄、小さければ割安銘柄と言われています。

スポンサーリンク

米国株投資家なら必携!米国企業版四季報まだ持ってないの?

米国投資家をはじめ、グローバルなビジネスマンの方向けに『会社四季報』スタイルでわかりやすくまとめられています。

高配当投資家の重要ポイントである、連続増配の企業やライバル企業との比較なども紹介しているので、日々の銘柄分析に活躍します。

投資初心者にはランキング評価もあるので、『米国会社四季報』見逃せません!

スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|比較評価

情報サイト・株式投資専門メディアにて話題になっている、、、

    ①IVOV
    ②MGV
    ③SPYV
    ④VBR
    ⑤VIOV
    ⑥VOE
    ⑦VONV
    ⑧VOOV
    ⑨VTV
    ⑩VTWV

を徹底比較し、『VTV』の投資対象としての評価を比較!
どんな方に向くのかを徹底解説いたします!

スポンサーリンク

人気10銘柄完全比較!項目ごと順位まとめ!

評価項目 10銘柄順位 ポイント
予想3-5年一株当たり利益(EPS)成長率 9位(降順) 0.2POINT
株価収益率(PER)×株価純資産倍率(PBR) 1位(降順) 1POINT
組入銘柄数 5位(降順)
総経費率(%) 1位(昇順) 10POINT
計 11.2POINT
スポンサーリンク

人気10銘柄ポイントランキング

1位 SPYV 20.9POINT
2位 VBR 14.7POINT
3位 VTWV 12.6POINT
4位 VOE 12.4POINT
5位 VIOV 11.6POINT
6位 VTV 11.2POINT
7位 IVOV 11POINT
8位 VONV 10.3POINT
9位 MGV 9.1POINT
10位 VOOV 7.8POINT
スポンサーリンク

『VTV』との相性の良い銘柄は?

『VTV』の業種別構成比率上位50%以上は、

「金融 (23.7%)」
「ヘルスケア (17.0%)」
「資本財 (11.5%)」によって占められています。

投資の鉄則は『分散投資』。

「金融」「ヘルスケア」「資本財」が業種別構成比率上位50%に入っている銘柄は避けるべきです。

人気12銘柄ポイントランキングの上位5位に入っていて、「金融」「ヘルスケア」「資本財」が業種別構成比率上位50%にあまりかぶりのない銘柄は、

『VOE』

となります。

相性の良いソーシャルレンディングは…
不動産ファンドが中心の『LENDEX(レンデックス)』(比較ページにリンクします。)
LENDEX ソーシャルレンディング
【公式サイト】https://lendex.jp/
登録はこちら(LENDEX公式)
スポンサーリンク

米国バリュー株ETF『VTV』|まとめ

『VTV』のおすすめ度は、、、★★★★★

分散投資するなら、、、『VOE』

米国ETFの購入におすすめのネット証券【3選】
証券会社 手数料 特徴
\驚異の米国株手数料無料/
DMM株
DMM 株
無料 手数料無料なので無駄なコストを
すべて投資に回せて効率的!
\ポイント投資の代表格/
楽天証券
楽天証券
約定代金の
0.495%(税込)
楽天銀行と併用でポイントが貯まる!
楽天経済圏を利用している方向け!
\唯一米国ETFの自動買付可能/
SBI証券
SBI証券
約定代金の
0.495%(税込)
国内主要証券会社で唯一!
米国株式・ETFの定期買付が可能!
\\ たった2分で登録完了 //

自動でトレード記録・分析アプリ kaview(カビュウ)
https://kaview.jp/
公式サイト詳細を見る
>>投資家必携の四季報は常に最新版を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました